ずぼらな人でも悩まず動画が作れる「Adobe Spark」

Adobe Spark
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

手軽にショートビデオが作りたい。テンプレでいいので悩むことなくサクッと作れる「使えそうなアプリ」を探しているあなたにおススメなのが、手持ち素材からあっという間にアニメーションビデオストーリーを作成できるAdobe Spark です。

「声の録音」「写真」「入力した文字」「動画」素材さえあれば、かっこいいテンプレートにあわせて動画やアイキャッチがつくれます。

Adobe Sparkとは

ことの発端は、Adobe Creative Clowdを使っている私に、「イラレやプレミアは使えないので簡単なツールはないか」という相談があったことでした。

業務用のためなまはんかなサービスは使えません。調べているうちに発見したのがAdobe Sparkでした。デスクトップでもできるがスマホでできるのが魅力的です。

Adobe Sparkは有料のデザイン作成アプリケーション。Adobe Creative Clowdに含まれるツールの1つで、単体での利用はできません。web上での操作PCが低スペックでもOKです。

バナーやアイキャッチ作成に適した「Page」、画像作成に適した「Post」、動画作成に使える「Video」の3つの機能が搭載されていて機能により使い分けできます。

Adobe Creative Clowdから起動する

パソコン上から起動するには、まずAdobe Creative Cloudを起動します。すべてのアプリ画面が開くので、[検索]に[spark]と入力します。

するとブラウザからSpark起動画面が現れます。さきほど起動したAdobe Creative Cloudのアプリ画面には掲載されていません。そのため一瞬、サービスが受けられないのかなと戸惑います。なぜアプリ画面にないかというと、Sparkはモバイルで起動するアプリだからです。

上記画像の右上にある[起動]を押すことで、Adobe Creative Cloudのユーザーはウェブ上で利用が可能になります。

ここから先は、作りたいメディアとテンプレートを選択し、ガイドに合わせて進んでいくだけでInstagramやFacebook用のしゃれたデザイン記事やスライドショーなどを、おもちゃのレゴを込みたてるように作ることができます。

写真などの素材はadobeから購入することもできますが、自分が撮影した写真をGoogle PhotoやDropBoxなどに保存していれば、接続も可能。自分のライブラリーと連携して作品を作ることができます。

まとめ

仕事で使うAdobe Creative Clowd。考えてみると30近くのツールがある多機能なサービスです。こんな機能が眠っていたことにいまさらながら驚きました。

デザイナーではないのに「スマホでソーシャル投稿用の見出しを作りたい」とか「PhotoshopやIllustratorなどを学んでいる時間がない」という方向けと言えそうです。

Adobe Spark Postが、見出し作りに超便利な件|深津 貴之 (fladdict)|note




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。