【選書】これからYouTube動画投稿を楽しみたい人のためのガイド

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

テレワークをきっかけに自宅で動画の楽しみにはじめて触れる人が増えています。そんな人を待ち構えるハードルがこちら。

  • 動画に興味はあるけど、何からはじめたらいいかわからない。
  • 使いこなすには高価な機材が必要そうだけど、手ごろなものが選びたい。
  • 商品や部屋を明るく撮るためのYouTuber的ライティング方法が知りたい。
  • zoomやユーチューブをもっとレベルアップさせたい。誰に聞いたら教えてくれるの。

動画制作を最短で身につけたい・・・業務用の知識はいらないけれど、素人すぎないレベルのお悩みに答える本が発売されました。

【選書】もっとええのん追求りたい! ギュイーン流 YouTubeの遊び方

出版したのは、ビデオSALONで知られる映像関係専門の出版社「玄光社」です。書いたのはアウトドア系YouTuberとして知られるギュイーンさん。

これから動画投稿を始めたい人、始めているけどチャンネル登録者数や再生回数が伸びずちょっと悩んでいる人…、有象無象の広大なYouTube原野をご機嫌で歩いていく考え方やその方法に触れてみませんか?

再生数を稼ぐためにネタを作ったり、キャラクターを売るのではなく、動画づくりを楽しむためには何が必要か、何から始めたらいいかを初心者の視点で解説した本です。

本の構成

動画制作を始めた時感じる不安の一つに、お金をどの程度かければ良いのか規模が見えないことが挙げられます。

  • 第1部 YouTuber ができるまで 動画投稿生活スタート! 流れを掴んでおこう
  • 第2部 「YouTuber」から「クリエイター」へ 実践・商品紹介動画の作り方から学ぶ
  • 第3部 YouTubeの遊び方 あらゆることが「楽しい」につながる

微妙に高額なプロ機材を買わなくても、テレビ番組程度の動画を作るにはどうしたらいか。著者は第一部でYouTuberが選ぶべき機材について語ります。

動画をつくって投稿するだけでいいのです。映画や広告をつくるわけではありません。SNS配信にちょうどいい価格帯の機器選定ができればいいので、ここでは大胆に推薦機材が絞られます。

見落とされがちなのが録音の重要性です。映像を撮影することばかりに注意がいってしまうと情報の塊である音が録れていないことがよく起きます。

使いやすいマイクや自撮りの必需品となる機材の選び方など、撮影をぬかりなく進めるためのノウハウもまた一部では分厚く紹介されます。

映像を編集する際欠かせない編集ソフトについてはYouTuberの視点からソフトが絞られました。MACならFinal Cut Pro それ以外ならPremiere ProモシクハDaVinci Resolveというのは妥当な選択といえます。

映像を編集する情報をまとめたのは第二部です。ここでは、編集ソフトの扱い方やテロップのあて方、サムネイルの作り方などが紹介されます。

ポイントとなるのはテクニックではなく、見せるため、読ませるための工夫が披露されていることです。

ほかの解説記事やチュートリアルであまり紹介されない部屋撮りのノウハウ。野外撮影の撮り方や、室内での顔出し撮影のし方、工作や料理などのモノ系のブツ撮り撮影の手法など、紹介されているノウハウは多岐にわたります。

写真を参考にしながらまねているうちに、仕組みが自然に身に付くような構成になっています。

YouTuberからクリエイターへ‼︎ 単行本「もっとええのん追求(つく)りたい! ギュイーン流 YouTubeの遊び方」(連動動画もご案内) | ビデオSALON

クリエイターへの第一歩

本書で書かれているのは、はじめての人が最短でそれなりの技術を学ぶ方法です。その方針が徹底されているのが第二部の実践編。

「シナリオ書き」や複数のカメラで撮る「マルチカム編集」、テロップやフォント選びから始まる文字情報の見せ方は、知っておくと作業を軽快に進めることができます。

ただ、それ以上のものを求める人には物足りない部分が残るかもしれません。それはアニメーションです。文字を動かしたり、画面を合成したり、動画編集のだいご味の一つは映像加工です。

また、様々な場所やシーンで撮影した素材を前後に並び替えて編集するドキュメンタリー的な編集方にも触れていません。

どちらもこだわればこだわるほど難易度が上がるプロへの道だからです。こうした編集を志向する人には物足りなくなるかもしれません。

編集すると楽しい。楽しいから編集したくなる。そんな動画愛好家にはお勧めできる本です。

ギュイーンはどんな人

ギュイーン 本名:徳川康隆。神戸市出身のアウトドア系YouTuber。東京青山のコンテンツ制作 Obetomo | スイスイ株式会社“>スイスイ株式会社の動画制作担当。「何よりも作っている自分が楽しい!!」「なりたい自分になれる楽しさを伝えたい!!」」と動画投稿を続けている。「gyueenの動チェク!」など。チャンネル登録者数約3万人。

ギュイーントクガワ|note

まとめ

予算的に失敗できない初心者にとって、余計な経費をかけずに済めば動画制作のハードルが下がります。続けるための近道もなります。

これからYouTube動画の投稿を始める人にとって、ナビゲーター代わりになる一冊だと思います。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。