自動車のナンバープレートは消す?消さない?モザイク判断

ナンバープレート
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

放送局で番組作りをしていた時感じたのは、番組にはトラブルがつきものということ。切り抜けるコツは問題に直面したら速やかに誰かに相談することです。一人で抱え込んだり、不確かな対応をすると問題が広がります。

こんな質問を受けました。

  • 撮影した動画に自動車のナンバープレートが写っていても問題ないでしょうか?

個人情報保護の高まりからでしょう。情報の扱いについて世の中全体がナーバスです。それはそれでいいことですが、行き過ぎはまたべつの問題を生みます。

自動車のナンバープレートはモザイクをかけて消す必要はない

放送局には法律の相談に応じる部署があります。その関係者に聞きました。帰ってきた答えは「原則として問題ありません」でした。ナンバープレートだけでは役所に問い合わせても個人の特定ができないからです。

ただし著名人の車の場合や取材源の秘匿が必要な場合などは配慮が必要です。

自動車のナンバーから自動車の登録事項等証明書の交付を受けることができたが、平成19年11月19日から登録事項等証明書の申請にはナンバーだけでなく、原則として、ボンネットの裏側に刻印されている「車台番号」が必要となつた。つまりナンバープレートがわかっただけでは自動車の持ち主の氏名や住所を調べることができなくなった。

まとめ

個人の持ち物は個人情報につながると思っている人はかなり多いですが、それは大きな誤解です。実は保護される個人情報というものはそう多くありません。

大体の場合は、個人情報かもしれないので変に騒がれるとヤバいし。あとあと面倒だから消してしまえというケースです。

だからといって、じゃんじゃん動画を公開しろというわけではありませんが、おかしいと思ったら確認する姿勢が大切です。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。