【選書】チャンネル登録ゼロでも稼げる「ビジネスYouTuber」

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ビジネスYpuTube を書きます。

YouTubeで稼ぐには「視聴回数を増やさないといけない」と思い込む人がいますが、それは誤解です。
視聴者数が少なくてもビジネスとして十分やっていける方法があります。
それは集客手段として使うこと。
その手口を伝えてくれる本が「ビジネスYouTube」です。

ビジネスYouTube とは

動画作りはタレント性や演出。それに完成度と思い込んで来た人には強烈なショックを感じる本かもしれません。

視聴回数が少なくても収入に繋がるなんて嘘くさい。
そう思う人もいるかもしれません。
一般のYouTuberの収入は、視聴者が見てくれる広告費だからです。
視聴回数が少ない動画は当然広告収入は得られません。
ではどうやって収入が得られるのか。
それは、動画を見た視聴者が、YouTuberの提供する商品やサービスを利用してくれることなのです。

オリジナルの商品を売る小売店。地方都市で商売を続ける専門店。個性的な指導が売り物の学習塾・・・。
商品やサービスは千差万別。違うのは他の店や競合する他社にはないオリジナリティや顧客満足です。
動画の内容は数分程度。タレント性ある出演者も凝った演出もありません。
違うのは圧倒的に数が多いこと。
それに商品やサービスの内容や、動画にたどり着いた視聴者に対する態度が高評価なことです。

著者の菅谷信一さんは、ビジネスYouTubeの秘訣をこう言います。
ビジネスサイトを立ち上げても、Googleで検索するとそう簡単に上位に表示されません。ところが同じ内容をYouTube動画として公開すると、さほど苦労なく上位表示されることがよくあります。
なぜなら、Googleはグループが運営するYouTubeを上位表示させようと懸命だからです。
ということは、ビジネスサイトを立ち上げるより、YouTube動画として企業情報を公開した方が集客の効率がいいのです。
一般的なYouTuberはバズる動画作りに命をかけますが、ビジネスYouTubeは凝った動画は作りません。商品の解説をするだけの動画とか、紙芝居のような動画もあります。
視聴者数が少ないためYouTube広告収入は得られませんが、企業サイトにたどり着いた客が商品やサービスを利用してくれればあっという間に元がとれるのです。

流れは次の通り
1どの商品・サービスを専門にするか決める
2継続して可能な撮影パターンを決める
3効率を重視してどんどんYouTube動画を撮影する
4Googleを意識してタイトルを考え、アップする
5YouTubeから自社サイトに誘導する導線を作る
6訪問してくれた視聴者に対応・成約させる。

YouTube動画は釣りで言う所のコマセ。餌やりみたいなものですね。数多くの人に見られなくても、興味を持った優良客を捕まえられれば大丈夫というようなものです。

顔出しはあった方がいいかもしれませんが、なくても大丈夫。
会社の朝の朝礼の様子や、これまで撮り溜めたアルバム写真からでも作れます。

まとめ

具体的な利用例を紹介しながら、ビジネスYouTubeの可能性を解説する本は、YouTube動画が秘めた可能性をわかりやすく伝えてくれます。