4in1のUSB-Cハブ 動画編集する時便利なMacbookPro周辺機器

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 4in1のUSB-Cハブ を書きます。

自宅を離れて動画編集するとき力強い味方となるMacbookPro。

でも、最新のMacbookProは軽量かつ最強。中古が出たら手に入れたいノートPCです。

コスパ良く使うには周辺機器との接続がキモ。

掘り出し物の周辺機器4in1のUSB-Cハブを紹介します。

動画編集する時便利な周辺機器4in1のUSB-Cハブ

ノートPCを使って仕事をしている人は、データ転送速度が遅かったり、たくさんあるケーブルが絡まってイライラすることはないでしょう?

同時に複数の周辺機器の接続ができるので、シームレスなマルチタスクを可能にし、生産性UPに繋がります。

4in1のUSB-Cハブ

サンワサプライのUSB Type-C ドッキングステーションです。

型番は「400-HUB078W」。

MacBook ProのACアダプタにかぶせて使うことで4in1のUSB-Cハブに進化させる便利アタッチメントです。

純正アダプタはType-C端子を1つ持ってますが、アタッチメントを使うと、PD対応のType-C、Type-A(USB 3.0)×2、HDMI(4K30Hz)の4種類に機能を拡張することができます。

サンワダイレクト MacBook専用 USB Type Cハブ 純正アダプタ取付型 USB-C PD 100W / HDMI出力 4K・30Hz / USB3.0×2 ホワイト 400-HUB078W
サンワダイレクト

アダプタに接続する場合はセルフパワーのUSBハブになり、接続しないで場合はバスパワーのUSBハブとして使えます。

編集用の外付けSSDドライブと外部モニターを同時に使いたいときなどに便利です。

Mac ノートブック用の電源アダプタには、29W、30W、45W、60W、61W、85W、87W、96W のものがあります。

注意点は61W、87W、96W の電源に限られていること。

つまり全機種に対応してません。

61W電源アダプタは2016 年以降に発売された13 インチの MacBook Pro に使われているものです。

型番を確認してから導入したほうがよさそうです。

MacbookPro13インチ

2020年11月11日にAppleから新型MacBook Pro13インチが発表されました。

目玉は今までのintel製のCPUから、Apple独自開発のCPUが搭載されたことです!

メリットとデメリット

M1チップ搭載のMacBook ProはCPUカスタマイズすることができません。

また最大メモリーやSSDの容量も低くなっています。

ただしCPUのスペックだけ見ると強力です。

今まで40万〜50万円ぐらいした最上位のMacBook Pro16インチのスペックを遥かに上回ります。

SSD容量は多いほうが良いですが、大容量の外部SSDを活用すれば動画編集に支障はありません。

店頭での見分け方

2020年11月時点ではMacbookPro13インチは旧型と新型の二機種が展示販売されています。

外観だけでは区別がつきません。

見分け方はUSB-Cポートの数を見ることです。

4基あるのがIntel、2基あるのがM1チップです。