Premiere ProとAfterEffectsで素材を互いにやりとりする方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

Premiere Proで作った動画に洒落たエフェクトをかけたいと思ったことはありませんか。
反対にAfterEffectsでつくったタイトルをPremiere Proに反映させたい場合など。
実は、おたがいのファイルはそれぞれ読み込んで活用することができます。
方法はいろいろありますが、最も手頃な方法は【Adobe Dynamic Link】を使う方法です。

Adobe Dynamic Linkとは

異なるソフトの間で編集素材を共有するには、いったん編集済み素材をファイルにしてから別のソフトで読み込む必要がありました。Adobe Dynamic Linkは直接お互いのソフトで編集中の素材を共有しあうもので、作業時間が短縮されるこうかがあります。

たとえばどういうことができるかというと、Premiere Proで編集中のシーンに、After Effectsでタイトルアニメーションなどの演出がつけられる。After Effectsで作成中のクリップを細かく編集することができるなどです。

映像編集が得意なPremiere Pro、映像加工が得意なAfter Effectsの長所を最大限に利用する連携方法といってもいいかもしれません。

After EffectsからPremiere Proにファイルを読み込む場合

AfterEffectsとPremiere Proをそれぞれ起動し、それぞれ編集データを読み込んでおきましょう。ここではPremiere Proに実写映像、AfterEffectsではタイトルアニメーションをつくることにしました。

Premiere ProとAfterEffectsは同じフォルダーにある映像を使い、同じフォルダーにそれぞれのプロジェクトファイルを保存します。

After Effects上で、タイトルアニメーションをつくりました。このコンポジションを、Premiere Proのシーケンスに読み込みます。

背景の実写映像はアニメーションの位置合わせのためにダミーとして置いてあります。

After Effectsでアニメーションを作り終わったらプロジェクトを保存します。

Premiere Proを起動する

Premiere Proを起動します。Premiere Proではクリップの編集を行います。この素材としてAfter Effectsでつくったテキストアニメーションを使うには、Premiere Proのメニューから[ファイル][Adobe Dynamic Link]と進み[After Effectsのコンポジションを読み込む]を選択します。

すると、After Effectsのプロジェクトを選ぶ画面に切り替わり、保存先のフォルダーを尋ねてきます

保存先は深い場所に置いてあることが多いのであらかじめメモするなどしておきましょう。

After Effectsのプロジェクトが見つかったら、クリック。すると右の欄(コンポジション)にコンポジション(この場合はV1-0001-DJI-0430)が表示されるので選択します。すると、After Effectsのコンポジションが、Premiere Proの情報を読み取ります。

編集画面の上にAfter Effectsで作業中のタイトルアニメーションが反映されました。

いちいちファイルに保存して、その素材を読み込む方法に比べて画期的なのは、同時に二つのソフトを起動しているとリアルタイムでおたがいの編集結果が反映されることです。

Premiere ProとAfter Effectsの両ソフト間ですぐに共有できるのは画期的です。

Premiere ProからAfter Effectsにファイルを読み込む方法

Premiere ProのシーケンスをAfter Effectsのコンポジションに読み込む方法も似たようなものです、

After Effectsのメニューから[ファイル][Adobe Dynamic Link]と進み[Premiere Proのコンポジションを読み込む]を選択します。

プロジェクトを選んだら、プロジェクト内のシーケンスファイルを選択。

すると、After Effectsのプロジェクトウインドウにシーケンスが追加されます。

まとめ

AfterEffectsとPremiere Proの連携方法はこの方法以外にもあります。まずはわかりやすい方法から試していって徐々に広げていくといいと思います。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。