【Pr】テキスト入力の基礎

テキスト入力法
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画編集はWindowsで無料のDavinch Resolveを使ってきました。クラウドワークスなどで仕事をする際、MacとPremiereを指定されることが多いので、こちらも使いこなす必要があります。

初心者の方でPremiereをはじめたばかりの人と同じで、どこからどうやって操作したらいいのか迷うし、時間がかかって大変ですよね。

今回は文字入力についておさらいします。

Premiereにテキストを入力する方法

[編集]を選択し、テロップを入力したい位置までタイムラインを操作します。Tというアイコンをクリックしたまま、プレビュー画面の上まで持って行くと、テキストが入力できます。

フォントやサイズを変えたり、文字に効果を付けるためにはエッセンシャルグラフィック機能をつかう必要があります。

テキストに効果を加えるためには文字パネルを表示させなくてはなりません。

エフェクトからエッセンシャルグラフィックスのグループの下にある[文字入力]をクリックするとパネルが表示されます。

[文字入力]の中にあるテキストを調整することでフォントやサイズ、色などの調整ができます。

フォントをクリックするとフォント一覧が出現するのでこの中から選びます。フォントのタイトルは英語表記です。

サイズを変える場合は、フォントの下にあるスライドを左右に移動することで調整します。

[テキスト]の下の位置には文字の装飾を担う[アピアランス]があります。塗り、ストローク(=輪郭線のこと)、背景(=座布団のこと)、シャドウ(=影)で好みの演出が可能です。

ストロークを消して背景を選択した場面。背景の調整は透明度と幅をそれぞれスライドすることで変化を付けることができます。

まとめ

デコレーションしたテキストはひな形として保存することができるので、自分がよく使う定型デザインを作りだめておくと便利です。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。