YouTubeチャンネルの中身をブランドアカウントに移行する方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

YouTubeで動画を投稿しようとして躊躇したことはありませんか。私はチャンネル登録の仕組みがよくわかりませんでした。よく聞くと、YouTubeには自宅として使うチャンネルと、仕事で使うチャンネルの二種類のチャンネルがつくれるのだとか。

自宅として使うはずのチャンネルを公開するとプライベートな情報まで公開することになるので避けた方がいいようなのです。

「そんなこといわれても、これまで公開した動画はどうなる」と悩みますよね。

でもうまく解決する方法もあるようです。

YouTubeチャンネルとは

ひ引っ越しを始める前に、YouTubeチャンネルの仕組みをおさらいします。

YouTubeチャンネルはひとつのgoogleアカウントに一つだけチャンネルうカウントが付与されます。これが自宅にあたるアカウント。動画の投稿もできますが、投稿した人のアカウント情報までさらされます。

したがって、一つしかないチャンネルアカウントを使って広く公開する動画を投稿するのはちょっと危険です。

でも例えばビジネスとして動画を投稿する場合など匿名で動画を投稿する必要がありますよね。

そこでGoogleでは【ブランドアカウント】というチャンネルを200個までならつくっていいとしました。

動画をとうこうするのなら【ブランドアカウント】が安心なのです。このブランドアカウントには、これまでチャンネルアカウントで投稿した動画を引っ越すこともできます。

安全にYouTubeチャンネルをブランドアカウントへ移行する方法

チャンネルの移行は引っ越しと同じ。引っ越し先となる空き家を確保してから移動するだけです。

まずはチャンネル内に引っ越し先となる新しいチャンネルを作っておきます。

次に、引っ越す側の準備を始めます。

自分のチャンネルアカウントを表示します。

左上のチャンネルアイコンをクリックし、「設定」を開きます。

サイドバーの「アカウント」をクリックして、「チャンネルを追加または管理する」をクリックします。

すると「チャンネルをブランドアカウントに移動する」という表示が出るのでここから引っ越し作業が始まります。

チャンネルの中に入っている動画の移行はYouTube側でも神経を使っています。認証の確認が登録に使った携帯端末に送られるので、用意します。

認証が無事に通過するとチャンネル憩う画面が現れます。

事前に用意した新居となるチャンネルが見つかるはずなので、そのチャンネルを指定します。

「現在接続済みのチャンネルは消去される」「以下のデータは消える」などの脅しともとれる警告が表示されますが、言っていることは「データは無事新居に届けます。旧居に残されたものはありません。新居にあったものはかたずけますがいいですか」というようなものです。

理解した上で実行にチェックを入れ続行すると再度確認を求められます。

警告が出ますが、新規で作成したチャンネルなので問題ないので先に進みます。

ここまできたら迷わず「チャンネルを移動」を選択します。

うまくいったかどうかチャンネル登録画面を確認してみましょう。上の図のように動画が移動していれば成功です。

まとめ

「移行はしたいけど失敗するとこれまでの努力が水の泡。せっせと稼いできた動画や視聴記録がパーになる」。そんな不安から移動に踏み切れなかった臆病な自分をしかりつけたくなりました。結論から言うと、整理してよかったです。

チャンネル移行のメリット
  • 本宅にあたるチャンネルアカウントが整理できる
  • ブランドアカウントへ移行しても動画のURLは変わらない
  • リンクを書き換える必要もない
  • 動画についたコメントは引き継げる
デメリットとしては
  • チャンネルそのものについたコメントは引き継げない。
  • 動画単体だけの移行はできない。新たに登録するしかない

チャンネルが消えてしまうことは、恐怖でしかないでしょう。しかし、きちんと確認しながら行えばさほど難しい作業ではありません。

悩んでいる人がいましたら、リスクをはかりにかけて決断してください。