After EffectsとPremiere Proの連携 使い分ける時の微妙な注意点

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。After EffectsとPremiere Proの連携 について書きます。

After Effectswが使えるようになるとPremiere Proの編集の幅がひろがります。二つのソフトは連携するためリンク機能が充実しているので使いこなせるようになると楽です。

After EffectsでPremiere Proのクリップを編集する場合は、Premiere Proで作ったプロジェクトを読み込めば完了です。しかし、After Effectsの力を借りてPremiere Proで編集する時は、加工するクリップだけ選んでAfter Effectsに送る必要があります。

After EffectsでPremiere Proのクリップを編集する

After EffectsとPremiere Proの連携

まずPremiere Proでデータを保存します。

After Effectsから[Adobe Dynamic Link][Premiere Proシーケンス読み込み]をクリックします。

ディレクトリからPremiere Pro のファイル[.prpro]ファイルを探して、シーケンスに表示されたファイルをクリックします。

するとAfter Effectsのプロジェクトウィンドウにデータが読み込まれ、そのまま編集ができます。

ただし、この方法は完成したクリップをAfter Effectsを使って書き出す時に便利な方法です。もういちどPremiere Proで編集したい場合はもっと手早くできる方法があります。

Premiere ProのクリップをAfter Effectsで加工し、Premiere Proから書き出す

Premiere Proのクリップは、After Effectsで編集することができます。

こちらの場合は微妙な違いがあります。

それは[Adobe Dynamic Link]を使わずに編集ができることです

Premiere Proで編集中のクリップの中から、 After Effectsで加工・編集したいクリップを選択します。

選択したクリップのタイムラインを選択し、右クリックします。

[After Effectsコンポジションに置き換え]を選択します。

するとAfter Effectsが自動的に起動し、指定したクリップだけ After Effectsでコンポジションとして編集できるようになります。

After Effectsでクリップに編集を加えると、Premiere Proの編集画面のクリップにも変更が加えられていることがわかります。

連携の際の注意点
  • 加工するクリップだけ選ぶ
  • Premiere ProとAfter Effectsを同時起動させておく

After Effectsの力を借りてPremiere Proで編集する方法は、加工するクリップだけ選ぶ必要があること。Premiere ProとAfter Effectsを同時起動させておく必要があることが条件です。

まとめ

After EffectsとPremiere Proはセットで使って初めてそのパワーを発揮するソフトです。連携方法を知らないと、データの処理に時間や手間がかかります。上手に利用して作業の効率化を図ってみませんか。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。