【Ae】地味に使える雨のエフェクト CC Rainfall After Effects

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。After Effectsの 雨のエフェクト について書きます。

After Effectsを使ってカッコいい映像が作りたいと思ったのは30代までのこと。

いざAfter Effectsを使いはじめてみると、グリッチだとかパーティクルなんていうカッコいい映像の使い道があまりないことに気づきました。

そんなある日、出会ったのが「CC Rainfall」というアニメーションプリセットです。プリセットとは、ソフトにあらかじめ内蔵されたひな形のこと。画面に雨降りの効果をつけることができます。

上の動画は静止画にCC Rainfallのプリセットを置いただけ。フラクタル素材を使ってつくる手間のかかる作業だと思っていた雨降りシーンがワンタッチで作れるなんて驚きです。

雨のエフェクト の操作手順

[新規コンポジション]をつくり、エフェクトをかけたい素材をタイムライン上に置きます。

[レイヤー][新規調整レイヤー]を素材の上に配置します。

調整レイヤーとは
[調整レイヤー]とは、適用したいエフェクトを、調整レイヤーより下にあるすべてのレイヤーに反映させることができるレイヤーです。
雨のエフェクト
[エフェクト&プリセット]から[CC Rainfall]を選び、タイムライン上に置いた[新規調整レイヤー]の上にドラッグ&ドロップします。[調整レイヤー]に[エフェクト][CC Rainfall]が追加されたことがわかります。

コンポジションウィンドウの画面に雨が降り始めたことが確認できます。

雨の降り方や方向など気象条件によっておきる様々な雨の表情もキーフレームを打つことで調整が可能です。

プリセットを使いまわす

慣れてきたら、一度作ったアニメーションをプリセットに保存してみましょう。

After Effects では一度作ったアニメーションを保存することができます。

キーフレームを打った部分を全部選択して[アニメーションプリセットを保存]をクリックします。

するとWindowsでは[ユーザー][(ユーザー名)][ドキュメント][Adobe][Adobe After Effects2020][User Presents]にプリセットファイルが保存されます。保存したプリセットはほかのプロジェクトでもドラッグするだけで使えるようになります。

自作したプリセットは名前を付けてここに保存できるだけでなく、フォルダ自体を他のマシーンにコピペすれば、別のPCでもすぐプリセットを使うことができます。

編集時間を短縮するだけでなく、ユーザー同士の交流をはかるきっかけとしても使えそうです。

まとめ

使いどころが限定されるインパクトのあるエフェクトとは違って、こうした一見地味なエフェクトは様々なシーンで使えるメリットがあります。

食卓でいうなら常備菜のようなもの。こうした小道具を自分の引き出しに入れておくだけで余裕が生まれます。

こうした地味だけど広く使えるエフェクトから始めると、カッコいいけど難しいエフェクトづくりにも挑戦できるようになるかもしれません。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。