Lower Thirds (ロワ・サード)って何ですか?

Lower Thirds
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 Lower Thirds とは何ですか。

最近、よく耳にするのが Lower Thirds (ロワ・サード)という言葉。何のことかと思ったらテロップに装飾や動きを付けたものをいうのだそうです。

動画の画面下三分の一を使って表示されることが多いことから、この名前で呼ばれているんだとか。

Lower Thirds はDaVinci Resolve17にも実装されている

DaVinci Resolve17にも実装されていました。場所は[タイトル][Fusionタイトル]です。

Lower Thirds

タイムライン上にドラッグするとすぐに使えます。

しかし、初期設定では画面左にセットされていて、インスペクタを見ても左右に位置を変えることはできません。

調整するには[Fusion]ページを使います。

[Fusionページで開く]をクリックすると、ノードがグループになっていることがわかります。

画面左に寄ったテキストの配置を右に変更するには、

[Upper Text]と[Lower Text]の位置を一をそれぞれインスペクタの[Layout]のCenter値を調整することで変えることができます。

配色や形、動きも変えられます。変えたデータは[Power Bin]に保存することで自分用にカスタマイズもできます。

有料で購入できる

Lower Thirdsに注目が集まるのはYouTubeの投稿動画です。チャンネル登録につかう勧誘アイコンを少しでも目立たせるため様々なデザインが開発されています。

DaVinci Resolve専用のLower Thirdsもかなりの種類が出回っていて、10ドル近くでテンプレートが手に入ります。

MotionElements

まとめ

私らの年代では「テロップにザブトン(文字を見えやすくするための後ろに敷く帯)を置くことだ」といってもらった方がピンときます。せっかく作った動画は少しでも目立たせたいもの。普通のテロップを出すだけでなく、ちょっとした動きをつけることでクオリティが上がります。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。