【Ae】 カウントダウン タイマーの作り方After Effects

カウントダウン
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

前回スライダー制御という方法を使ったカウントダウンタイマーの作り方をご紹介しました。

【Ae】 カウントダウン アニメーションの作り方After Effects | ぶいろぐ

「見た目がわかりやすく、簡単な作り方」が知りたいという声にお応えして、もっとシンプルな演出方法をご紹介します。

カウントダウンタイマーの作り方

円のゲージがゼロになるごとに数字が切り替わるアニメーションです。

インジケーターを使って一秒ごとに回転する円をつくるという超アナログな方法です。数字の数も手作業で作りこみます。

まず[新規コンポジション]から[新規シェイプレイヤー]を作ります。

[楕円形ツール]をダブルクリックして円を描きます。

[シェイプレイヤー1]の[楕円形パス1]のサイズの鎖マークを外して0,0にします。鎖マークを表示して拡大すると正円ができます。

[シェイプレイヤー1]のコンテンツの横にある▶マークから[パスのトリミング]を選択します。

カウントダウン

上記のように、[パスのトリミング1]が生成されたら、インジケーターを始点に置いて[開始点]にキーフレームを打ち、1秒進めたところで再びキーフレームを打ちます。

始点の値を0、終点の値を100にすると、円の外枠が一秒かけて周回するアニメーションが出来上がります。

線の幅や色を変えることで好みのデザインにできます。

出来上がったところでCtrl+Shift+Cでプリコンポーズします。

続いて[新規テキスト]を使ってカウントダウンに使う数字をプリコンポーズの上に書きます。

プリコンポーズした円周のアニメーションと数字の組み合わせを複製し、数字の数を変えることでカウントダウンの時間尺を増やします。

一秒間にするには、レイヤーを指定して、インジケーターパネルを一秒のところにもっていき、Alt+]

押すことでレイヤーが分割できます。

1秒の尺にしたコンポをShift+Dで複製し階段状に並べることで一秒ごとに切り替わるアニメーションが出来上がります。

最後はすべてを選択してプリコンポーズします。

まとめ

プリコンポーズしたサイズや位置を変えることでアナログチックな動画の編集用パーツとして利用できます。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に

 




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。