【Ae】映像を書き出す際のおすすめ Quicktime フォーマットAfter Effects

Quicktime
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 Quicktime を書きます。

After Effectsで作った映像を書き出す時、ビルトインのコーデックの種類が多く、どうすればいいか悩みますよね。設定が多いのはプロが納品やクライアントとのやり取りする場合に備えてのこと。

動画投稿メインならQuicktimeです。

おすすめフォーマット Quicktime

Quicktime

メリットはQuicktime形式の中でもファイルサイズが小さく、そのためレンダリング速度も速い点です。デメリットは非可逆圧縮のため劣化します。Windowsでは再生できない場合があることです。

Quicktime

レンダーキューパネルから[ロスレス圧縮]をクリックします。

[出力モジュール設定]はQuicktimeを選択します。

ビデオ出力の形式オプションはApple Prores 4444(アルファチャンネルに対応)に設定します。

Apple の各 ProRes フォーマットの違い

WindowsのOSで再生する場合

Quicktime形式はWindowsでは再生できない場合があるので、Windowsで動画を再生するのであれば仕方がないのでAVI形式のフォーマットで書き出しになります。

透過できる形式で書き出したい

タイトルに使うロゴアニメーションなど、背景の映像と合成を前提にした動画を書き出すのであれば、一部透明な素材、アルファチャンネル付きの動画で書き出す必要があります。

【Ae】書き出し時にテキストの背景を透明にする方法 | ぶいろぐ

上記の記事にまとめたように、QuickTime形式にして、チャンネルは[RGB+アルファ]、カラーは[ストレートマット]にして書き出しましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。