【Ae】書き順で文字を出現させる方法

一文字ずつ出現
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画の画面に手触り感をつけたいと思ったら、文字の現れ方を変えてみるといいかもしれません。

好評なのがテキストを書き順で画面に表示させる見せ方です。

これはPremiere Proでもつくることができます。

Premiere Proでは、[ブラシアニメーション]、[トラックマット]、それに調整レイヤーを[反転][ルミナンスキー]に設定するという手順を踏むことからやや手こずります。

After Effectsのペンツールを使ってつくることができるので、使いやすい方法を選びましょう。

After Effectsで出現させる方法

After Effectsで文字が書き順で現れる動画を作りました。この方法でペンツールとマスクの使い方をマスターすることができます。

After Effectsのツールバーの[ペンツール]を選択し、文字にマスクを書きます。

離れた場所から弾き直す場合は、いったんレイヤーパネルの何もないところをクリックして、別の場所から再開します。

打ち終わったら、テキストを選択したまま[エフェクト][描画][線]を選択します。

注意:テキストを選択しないで進むとシェイプレイヤーが作られることがあります。その場合は削除します。

[すべてのマスク]にチェックを入れます。続いて[ブラシのサイズ]の値を大きくすると文字がマスクで隠されて行きます。

タイムラインインジケーターを開始地点に戻し、線のプロパティ内にある「終了」の値を0.0にしてストップウオッチのアイコンをクリックします。

続いて終了位置にインジケーターを移動し、値を100にします。

[ペイントスタイル]の値を[元のイメージを表示]に切り替えると、覆いかぶさった部分の動きにあわせて文字が表示されるようになります。

マスクのかけ方が微妙だなと思ったら、ペンツールに戻ってマスクの位置を調整すればOKです。

まとめ

Ae(2020)のプロジェクトファイルはnoteに保存しましたのでよかったら見てください。

After Effectsをつかって書き順で文字を出現させる方法|フルタニ|note




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。