【Ae】 Rift レイヤーを微妙にずらすスクリプトAfter Effects

rift
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。Rift というスクリプトについて書きます。

After Effects を使ってアニメーションを作るとき、レイヤー数が大きくなると管理が大変ですよね。

特にテキストを文字単位に分解するなど、同じ動きを付けたレイヤーを、すべて一フレームずつ動かして配置するなんて時間の無駄遣い以外のなにものでもありません。

そんな不毛な作業を一息に終わらせてくれるのがAfter Effectsスクリプトの【Rift】です。

スクリプト Rift とは

ただでさえ初心者にはハードルが高いAfter Effectsですが、製品に同梱されていない「オプション」扱いの部品を取り付けるのはさらにハードルの高さを感じます。

海外製のプラグインやスクリプトでも理由通量の多いサービスは日本人の利用者が多いのでなにかしらのヒントがあるものです。Rift はそんなにメジャーな商品ではないのでちょっと導入に手間がかかりました。

Riftの特徴
  • レイヤー、キーフレームを指定したフレーム分移動、並び替え、整列を行う便利スクリプト
  • 派手な機能ではないのだが、ワークスペースに置いておくと確実に約立つ
  • 指定した範囲でランダムな位置へとレイヤー、キーフレームを配置することもできる

モーショングラフィックスではかなり使う人がいると思えるほど、よくわからない機能もありますが、レイヤー、キーフレームを指定したフレーム分移動できるのは便利です。

入手方法は、別途記事にした「GG分解」と同じサイトからダウンロードできます。このサイトの特徴は自分で値付けができるところ。下の画像では価格が29.99とある部分を0にして先に進むと無料で購入することもできます。

reft

Rift – aescripts + aeplugins – aescripts.com

使い方

Riftを使うと、矢印を押しただけで並んでいたレイヤーを階段状にフレーム単位でずらすことができます。

rift

ほかにもいろいろな機能があるのですが、自分が使えたのは【階段ずらし】だけなので、その手順を書き留めておきます。

ずらしたいレイヤーを範囲指定した上で、パネルのArrangeの値を[Stagger][Desc]として矢印を押すだけです。

同じ動作のテキストアニメーションを、シェイプを数フレームずらして動かすことができました。

インストール方法

操作法にもましててこずったのがインストール方法でした。忘れないうちにインストールの手順を書き残します。

プラグインと違い、スクリプトはメーカーや制作者によって置き場所が微妙に異なったり、インストールマニュアルが見当たらないことがあります。それだけマイナーなんですね。

このRiftも無料でダウンロードできた点はいいものの、インストールやマニュアルがありません。手探りでインストールしました。

ダウンロードした【Rift_v1.4.2】を解凍すると、中から【Rift.jsxbin】というファイルが現れます。

このファイルはここに入れます。

[C:ドライブ] → [Program Files] → [Adobe] → [Adobe After Effects 2020] → [Support Files] → [Scripts] → [ScriptUI Panels]

するとAfter Effects の[Window]の中に[Rift.jsxbin]という項目が生まれるのでそれをクリックします。

いかがでしたでしょうか。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。