Adobeカラーの「ライブラリー」の削除方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 Adobeカラーのライブラリー を書きます。

Adobeカラーは、色彩に自信がない人でも簡単にベストな色の組み合わせが作れるサービスです。

特にセンスのある広告やWEBデザイン、バナーやサムネイルづくりには抜群の威力を発揮します。

しかし、WEBツールとアプリケーションの仕組みがやや難解で初心者は慣れるまで時間がかかります。

使いこなす上で役に立つ技を紹介します。

Adobeカラー の「ライブラリー」の削除方法

新規の「ライブラリー」はWEBでもアプリケーションでも作ることはできますが、「削除」の説明がありません。

ライブラリの整理は ativeCroud で行います。

CreativeCroudを導入したときパソコンに設定するアプリケーションですね。

[作品]を開くとライブラリ一覧が表示されているのがわかります。

「ライブラリー」の名前の変更や削除は、【Creative Cloud Desktop】の管理画面から行います。

削除もしくは名前の変更をしたい「ライブラリ」を右クリックすると設定項目が開くので、そこから削除・変更を行います。

ちなみにライブラリに保存した「カラーテーマ」の削除はゴミ箱マークをクリックすればOKです。

AdobeCCでライブラリを使いこなすには

各ソフトともに共通です。[ウインドウ][エクステンション][Adobe Color テーマ]をクリックすると

別窓で Adobe Color テーマが立ち上がるので、好みの組み合わせを選んで配色に加えます。

まとめ

自分の好みの組み合わせを探すにはWEBツールの「Adobe Color」でつくって保存。そのデータをほかのソフトで共有してデザインすると、統一感のあるデザインをつくることができます。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ