DaVinch Resolve17レンダー キャッシュ の削除方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 キャッシュ を書きます。

私のような俗人は、キャッシュと聞くと現ナマを連想してしまいますが、品行方正な動画編集マンは動画の品質向上につながる一時的な「貯蔵所」を連想するといいます。ちなみに英語表記はCache。現金はCashです。

DaVinch Resolve17で作業をしやすくするために最適化メディアを生成していると思います。

最適化メディアを作ると作業のしやすさは格段に上がるので、調子に乗って使い続けると毎回最適化メディアを生成していたりします。禁断の薬物みたいな感じがしますね。

ところが調子に乗って使っていると「容量が足りません」というアラームが。

調べていたらダヴィンチリゾルブのCasheClipフォルダの容量ががとんでもないことになっています。

ソフトが読み込みやすくなったと喜んでいたら、実は裏で軽くした動画データ等をせっせとため込んでいました。

これではいつかパンクします。いらなくなったファイルはこまめに削除した方がストレスをためずに済みます。

ではどうやって削除したらいいのでしょうか。

キャッシュ がある場所

キャッシュ

[ファイル]から[プロジェクト設定]を選択します。

[マスタ設定]の下のほうにある[作業フォルダー]の項目に移動し[キャッシュファイルの場所]をさぐり当てます。

保存先を表示すると[CacheClip]というフォルダがあります。

これを削除します。

レンダーキャッシュとは、編集用に別途作った非圧縮データのこと。

撮影データがあるのに、わざわざ動画データを新たに作るのはなぜかというと、撮影データはデータ量が膨大で、編集時に元データをその都度いちいち解凍するのでは手間がかかりすぎるからです。

レンダーキャッシュという形で、スリムになった影武者のようなデータをつくっておけば、編集しやすくなり作業効率が格段に上がります。

キャッシュデータのあるなしで見た目は大きく変わります。

情報を絞り切ったキャッシュを再生してみるとわかりますが、見た目はボロボロです。しかし人に見せるものではないので、編集者が我慢すればいいでけです。

編集し終わったところで元のデータを、見た目ボロボロの完成作品に塗り替えていけば、クオリティの高い完成動画の出来上がりというわけです。

レンダーキャッシュを削除する

プロジェクト作業中でも「キャッシュファイル」の削除は可能です。

作業中のプロジェクトがある場合は削除しない方がいいです。

新しいプロジェクトを始める前に覗いてみて、作業中のプロジェクトがなければ必要に応じて削除しましょう。

削除し終わったら次にゴミ箱の中を見てみましょう。

ゴミ箱の中に得体のしれないファイルがあることがわかります。

ゴミ箱を空にしないとディスクドライブの中は整理されたことになりません。

レンダーキャッシュを削除します。これで快適に動画編集ができるようになりました。

作業ファイルは完プロが出来上がったら削除しても問題ありません。

作業ファイルはレンダーキャッシュのほかに「プロキシ」「ギャラリー」もあるので必要に応じて整理しましょう。

Fusion作業では キャッシュ はたまらない

Fusion(フュージョン)作業が中心の場合もメモリを消費します。

しかし、この場合のキャッシュはシステムメモリやGPU、つまりグラフィックカードのビデオメモリなどに一時的に作られるだけで、作業が終了すると自動的に消滅します。

まとめ

「削除したら、何か支障はあるのでしょうか?」と心配かもしれませんが、ビビらなくても大丈夫です。

「キャッシュファイルは編集の際は役立つのですが、編集が終わったあとは特に意味のないファイルです」とマニュアルにも書いてあります。

編集が終わったらその都度削除しましょう。

その時削除できなかったらときどき削除でも構いません。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ