【Pr】動画を 部分的に明るく する手順Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

せっかく撮ったのに、動画に写った人物の顔が暗い。

商品など素材の一部分だけ明るくすることで見栄えをよくしたい。

そんなお悩みありませんか。

Premiere Proでは動画を部分的に明るくすることができます。

今日はその方法をご紹介します。

動画を部分的に明るくする手順

Premiere Proには画面の色調を調整する「Lumetriカラー」と言う機能があります。

これを使えば画面の色を変えたり、一部分だけ着色したりすることができます。

【Pr】 カラーをモノクロ に 、モノクロをカラーにする方法 | ぶいろぐ

動画の一部を切り抜くには、画面の範囲を指定して切り抜く「マスク」を使います。

この二つを合わせて使うことで一部分だけ明るくすることができます。

手順は3ステップです。

  1. クリップにエフェクトを適用する
  2. マスクで範囲を指定する
  3. 範囲の露光量を変える

以上です。

マスクをかけた時期になるかもしれませんが、被写体が動く場合は、便利な「トラッキング機能」を使用しましょう。

作業は、再生ボタンを押すだけです。

クリップにエフェクトを適用する

エフェクトパネルから[ビデオエフェクト][カラー補正][Lumetriカラー]を選択します。

選択した[Lumetriカラー]エフェクトをドラッグ&ドロップしてクリップに適用します。

これでクリップに[Lumetriカラー]エフェクトが使えるようになりました。

マスクで範囲を指定する

エフェクトコントロールパネルに戻って[Lumetriカラー]からマスクを選択します。

マスクには楕円や長方形、線を書くために使うペンがあります。

顔であれば楕円を選択してクリップの顔の部分を指定します。

ほっておくとPremiere Proが勝手に被写体の動きに合わせてマスクを移動や拡大縮小してくれます。

露光量を変える

エフェクトコントロールの[Lumetriカラー]で[基本補正]を開きます。

[トーン][露光量]の値を好みの明るさに調整することでマスクを当てた部分だけ明るさが変わります。

以上です。

まとめ

Lumetriカラーには動画を部分的に明るくする他様々な機能があるので使い越せるようになると表現の幅がグッと広がります。

【Pr】キーカラーのスポイトで画像を切り抜く方法Premiere Pro | ぶいろぐ