【Pr】線を引く方法 Premiere Pro

線を引く
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 線を引く を書きます。

Premiere Proで編集中、線をスーパーする必要に迫られたことありませんか。

普通、線やテキストをアニメーションさせたい時はAfter Effectsなどの機能を使うのが王道ルートです。

でも、そこまでする必要ない場合もあります。

そんな時「ペンツール」を使って見ると、以外に簡単に線を引くことができます。

Premiere Proで線を引く手順

タイムラインの横にツールが並んでいます。

ペンの形をしたアイコンが線が引けるペンツールです。

このツールを選択して、プレビュー画面上に直接線を引きます。

Illustratorを使ったことがある人なら一発でわかると思いますが、ペンツールは「ベジェ曲線」と呼ばれる線を引くツールです。

線だけでなく、四角形や円なども引くことができます。

ベジェ曲線で書かれた線は二つの部分で構成されています。

線本体と外界の境界に当たる「線」と本体に当たる「面(塗り)」です。

「線」と「面」を使い分けることで色々な表現ができるようになります。

ペンツールで画面上に三点の印をつけます。

転の部分をクリックするして現れた補助線を動かすと面が現れます。

線と面の編集は[アピアランス]で行います。

[アピアランス]の[塗り]のチエックを外すと面の部分が非表示になります。

[ストローク]の部分のチェックを外すと線の部分が非表示になります。

今回は[塗り]を非表示にして[ストローク]だけにします。

ストロークのパラメーターを変えることで、線の太さや色を変えることができます。

アピアランスを使うと、線の外側にさらに複数の線を追加できます。

ストロークの「プラスマーク」をクリックします。

すると、線がもう1本追加されます。

線はキーフレームを使うことでアニメーションさせることもできます。

クロップで線が伸びるアニメーションを作る

線を伸ばすアニメーションを作りたい時使うのは「クロップ」というエフェクトです。

タイムライン上の開始点で「右」というプロパティの時計マークをクリックし、100パーセントに設定します。

終了点にインジケーターを移動し「右」を0%にすると、2秒で線が伸びるアニメーションを作れます。

まとめ

そのソフトでできることはやってしまった方が得です。

動画編集を長く続けるには、わざわざ別のソフトを起動しなくても、楽してできるテクニックを積み上げること。

余った時間を好きなことに使うコスパのいい行動をとりましょう。