【Pr】After Effectsの コンポジションを読み込む 方法Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

Premiere Proで編集中にAfter Effectsで作った素材を連携させたくなったことありませんか。

Premiere ProとAfter Effectsを連携させる方法は超簡単です。

After Effectsのコンポジションを組み込む

Premiere Proに取り込みたいAfter Effectsのコンポジションを任意のフォルダに格納します。

Premiere ProのメニューからAdobe Dynamic Linkを選択します。すると任意のフォルダの中にあるAfter Effectsのコンポジションが表示されます。

[After Effectsのコンポジションを読み込む]を選択すると、After Effectsのプロジェクトを選ぶ画面が開きます。

プロジェクトの中にある「コンポ」が一覧になって表示されるので、取り込みたい「コンポ」をクリックします。

するとAfter Effectsのコンポジションが、Premiere Proの「プロジェクト」ウインドウに追加されます。

取り込んだAfter Effectsのコンポジションは一枚のクリップになっています。

そのため、取り込んだAfter Effectsのコンポジションは散らからず、動画と同じ扱いで編集することができます。

After Effects側でコンポを修正した場合、Premiere Proではリアルタイムで情報が更新されます。

そのため、待ち時間なしで編集でき、時短につながります。

メリット

両者を使い分けるメリットはプロジェクトの役割分担と軽量化です。

After Effectsを使って作るのはテキストやシェイプアニメーションのような軽量なものに限定し、動画のような重い素材はPremiere Proに任せられることです。

デメリット

注意したいのは、Premiere ProとAfter Effectsは共にファイルの場所をいどうするとリンク切れになること。

したがって、編集に必要なファイルはひつとのフォルダにまとめ、そこから外に出さずに編集するのが吉です。

新規にAfter Effectsを立ち上げる

Premiere ProでこれからAfter Effectsを使ってクリップを作る場合は同じDynamic Linkの中にある[新規After Effectsコンポジション]をクリックするとAfter Effectsが立ち上がってコンポジションを作ることができます。

まとめ

After EffectsとPremiere Proの連携をマスターすることで作業時間の短縮が期待できます。浮いた時間はスキルアップに生かすことでより高度な動画制作にチャレンジしましょう。

参考記事もどうぞ

Premiere ProとAfterEffectsで素材を互いにやりとりする方法
After EffectsとPremiere Proの連携 使い分ける時の微妙な注意点