【2019春】ビギナー向け・動画撮影のための ミラーレス一眼 はどれだ

フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ミラーレス一眼 を書きます。

これから動画づくりに挑戦する人向けの記事を書きました。

【初めての人向け】動画撮影に必要な機材とは | Vlog動画×冒険

動画を撮影するためにはカメラ選びが基本です。

機能もどんどん進化しています。スマートフォンとミラーレス一眼を無線で接続するとその場でデータ転送が可能です。

特にレンズから入った光を反射する”ミラーがない”構造をしたレンズ交換できるミラーレス一眼カメラがおすすめです。

注目の最新モデルは

動画制作には二つの流れがあります。

シネマチックな動画に代表されるような、映像の質にこだわる動画。

もう一つは、事件事故に代表されるようなその瞬間を切り取り、素早く伝える映像の意味に力点を置いた動画です。

ミラーレス一眼は、カメラの形状から前者の映像美を再現するのに向いたカメラです。

もちろん、軽量化小型化されたことで機動性は上がっているので、記録動画の撮影もOKです。

もっとドキュメンタリー志向のカメラを希望するならばハンディカムなどのムービーカメラを選びましょう。

2019年注目のモデルをラインナップしました。

Canon EOS Kiss M

簡単な操作で初心者の人気が高い「EOS Kiss」シリーズ初のミラーレス一眼です。
子どもや動物など、動いている被写体にピントを合わせ続けられる「サーボAF」を搭載。1秒間に最高約7.4コマ撮影できる高速連写を併用し、一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影ができます。また、人物撮影に便利な「瞳AF」が、顔の瞳を自動で検出しピントを調節。ピント合わせの手間が減り、スムーズに撮影することが可能です。さらに、被写体や時間帯などの環境を判断する「シーンインテリジェントオート」機能が、カメラを最適な撮影設定に変更。シャッターボタンを押すだけで、人の肌を自然に見せたり、空や木々を鮮やかに写したりすることができます。

SONY α6300

上下左右と回転による5軸の手ぶれ補正機能を搭載したミラーレス一眼カメラです。望遠ズームの撮影が多いシーンでもブレを抑えた写真や動画の撮影が楽しめます。運動会や動物園などの撮影におすすめです。被写体の追従機能を利用することで、移動する被写体にピントを合わせたまま撮影を続けられます。

OLYMPUS PEN E-PL9

2018年度まではシェアNo.1を3年連続で達成していた人気メーカーです。ラインナップ全てでミラーレス一眼特有のマイクロフォーサーズセンサーを搭載しており、一般的な一眼レフカメラよりは小さいセンサーとなります。しかし小さいセンサーながら、その能力は決して大きいセンサーに引けを取らず、写りの良さに自信を持ったモデルが多数存在します。今回ご紹介するE-PL9も、エントリーモデルとして初心者に寄り添った機能を搭載しながら、高画質・高性能のミラーレス一眼カメラを実現しています。

FUJIFILM X-T100

色は写真の部分でも重要な要素となるため、富士フイルムの色表現は、写真が好きな方には美しい質感を感じ取ることができる、自信の技術になっています。新発売となったX-T100は、一般的な他のミラーレス一眼で搭載されている性能を十分に保有しながら、富士フイルム独自の技術も多く搭載した、「富士フイルムらしさ」を感じることができるカメラです。

Panasonic LUMIX DCGF10

女性でも持ちやすいカメラデザインと約270gの超軽量ボディは、持ち歩きにも負担のない、気軽な写真撮影を実現します。自分撮りのシーンには他カメラよりも特化した性能を搭載し、夜景モードやフィルター機能など仕上がりに関する調整を行い、満足いくまで撮影できる連写性能で納得いくセルフィー撮影を実現します。

売れ筋ランキング

iPhoneでも撮影できますが、風景や人物などの基本の写真は手振れもないしっかりした映像を撮りたいもの。

評価の高い商品はそれなりの理由があって売れています。自分のテーマに最もふさわしい機種は何か。

自分がやりたいことを軸に考えると間違いはほとんど起きません。

ビックカメラ | ミラーレス一眼 週間売れ筋ランキング

まとめ

私が現在よく使うカメラは二つあります。

一つはBMPCC4Kです。

もう一つはPanasonicのHCX-2000です。

機動性の面ではHCX-2000はほぼ満点の使用感です。

フジヤカメラでSonyのビデオカメラにするか迷っていたら、ズームレンズの操作性が優れていること手振れ補正機能はある程度あればいいことなどを聞き、こちらにしました。

購入検討の方は参考にしてください。