動画の長さに合わせて音を作る・リミックスは超便利【adobe】

こんにちは、フルタニです。放送局で番組づくりをしてました。

編集が上がると尺になった素材1)業界用語では白素材というだそうですがとカットの時間を記録したカット表を音響効果担当者に渡します。するとカットやシーンにぴったりあった音楽がついて戻ってきたので驚きました。

どうしたらそんなことができるかと聞くと、リミックスという方法を使うと音楽を所定の時間に合わせることができると聞いて驚きました。

Adobe Auditonのリミックス

音楽を動画の長さに合わせて編集したい場合に役立つのがAdobe Auditonです。リミックスは指定した長さに合うように音楽を自動で編集してくれる機能です。

使い方は次の通り。

  1. マルチトラックエディターを表示する
  2. オーディオトラックを読み込む
  3. リミックスを有効化する
  4. オーディオトラックの長さを設定する
  5. リミックスする
  6. オーディオを書き出す

1.マルチトラックエディター

マルチトラックエディターとは複数トラックの音声素材の編集/再生を行う機能です。録音と複数トラックの同時再生ができるので楽曲録音に利用する事ができます。 

再生しながら加工録音が一度にできるなんて驚きですね。

[マルチトラックエディターを表示]を選択。新規マルチトラックセッション画面が表示されたら名前をつけます。これで入れ物ができました。

2.オーディオトラックを読み込む

マルチトラックエディター画面が表示されたら、編集したいオーディオトラックを画面のトラック1にドラッグします。

サンプルレートが一致しない旨の表示にはokとクリックすればいいです。

使用する楽曲はYouTubeのオーディオライブラリーから著作権フリーの素材を選ぶのが無難です。

  • YouTubeで使用するのが目的であること
  • YouTubeでも完成度を期待していること
  • YouTube以外の著作権フリー楽曲の中には改変不可のものがあること

などが理由です。

3.リミックスを有効化する

編集したいオーディオトラックを配置したら[プロパティ]から[リミックス][リミックスを有効化]と進みオーディオトラックの分析を始めます。

4.オーディオトラックの長さを設定する

編集した動画の中でどこからどこまで音楽を置くか。音楽を含めたオーディオファイルを効率的に作るためには、土台となる映像がしっかり固まっていなければなりません。

決まった時間に合わせてオーディオの長さを調整するのがこの作業です。

動画の長さに合わせて[ターゲットデュレーション](分、秒)を設定します。[リミックスのデュレーション]にリミックス後のオーディオトラックの長さが表示されます。

音響効果さんに尺となった素材とカット表を渡す際、カット毎の時間を記入する必要があるのはこのためです。

5.リミックスする

オーディオトラックが設定した長さにリミックスされます。

試しに再生してみると、時間内に収まるようにアレンジされています。

6.オーディオを書き出す

メニューから[ファイル][書き出し][マルチトラックミックスダウン][選択したクリップ]と進み、書き出す先を指定します。

ファイル名、保存先、形式(mp3で問題ありません)を設定してokをクリックします。

まとめ

リミックスは楽曲を改変することになるため、再利用にあたっては注意が必要です。作品毎に確認しながら作り込むようにしましょう。

References   [ + ]

1. 業界用語では白素材というだそうですが




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。