動画ファイルとコーデック、選ぶべき組み合わせとは

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

放送局では選ぶべきコーデックなんて意識することはありませんでした。自分が動画を作り始めてみると、分からないことだらけです。要するに作品ができればそれでいいのです。

ところが個人で動画制作を始めるといやでも専門用語とおつきあいしなくてはならなくなりました。そこでよく使う組み合わせ。つまり定番を探してみました。

そもそも動画ファイルとは何か

ちよっと長くなりますが、動画の構造をみてみましょう。

映像ファイルを右クリックしてファイルの形式を見るとそのファイルの構造がわかります。上記の図の場合は拡張子に”m2ts”とあります。

解説によると”M2TS は HDデジタルビデオカメラの規格であるAVCHDで記録されたハイビジョン動画のファイルに付く拡張子です。M2TSファイルは、AVCHDで採用されている映像圧縮技術「H.264/MPEG-4 AVC」による映像が記録されている”とあります。

動画ファイルとは、動画データと音声データがそれぞれ別のファイルにまとまっています。ファイルがばらばらだと編集するときなどで混乱するため、一つの箱のようなものにまとめられています。箱はしばしばコンテナにたとえられます。コンテナの種類はmp4、avi、mkvなど様々です。

動画データも、音声データも生、つまり非圧縮の形ではサイズがものすごく大きく、圧縮しないことには図のトラックのように持ち運びが非常に不便でした。

システムの処理速度が上がり、映像の処理速度も上がるにつれ、放送局や企業、研究機関で働く技術者たちは競うようにデータのスリム化にとりくんできました。

その結果、様々な圧縮方法が生まれました。動画や音声をそれぞれ小さなサイズに変換できるようになったのです。動画や音声を入れる箱・コンテナの種類。映像、音声を圧縮するコーデックの種類はそれぞれ複数あるため、数え切れない組み合わせが生まれました。

推奨するのはh.264

Embed from Getty Images

ともあれ、選ぶべきコーデックはh.264で間違いありません。MACユーザーの方はappleが推奨する主流コーデックがオススメです。H.265/HEVCはこれからのコーデックなので一般的な普及が始まってからでも遅くありません。

プロを目指すのでなければ一般ユーザーはそこまでこだわる必要はありません。一番普及している形式にしておけばたいてい間に合います。私たちがよく使うのはYouTubeへの投稿なので、YouTubeの投稿形式が正解です。

一般的な動画のビットレートはどれぐらい?~YouTubeの動画を調べて分かった内容をまとめます | 動画サイト運営ノウハウブログ by ソーシャルキャスト

チャンネル登録よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。