【Ae】After Effectsで 文字をバラバラ にする方法

文字分割
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 文字をバラバラ にする方法を書きます。

文字の辺や作りがバラバラに動くようなアニメーション効果を作りたくありませんか?

After Effectsを使うとテキスト一文字ごとに動きをつけることができます。

さらに一歩進めて、文字をパーツごとに分解、別々に動かすこともできます

After Effectsでアニメーションをつける

After Effectsでは文字に様々な動きをつけることができます。

例えば一文字ごとに動きが変わるアニメーション。

自由にテキストをコントロールしたい場合は、テキストレイヤーの[アニメーター]を操作することで作ることができます。

[アニメーター]から[すべてのトランスフォームプロパティ]を選び[アニメーター1]以下の項目[範囲セレクター1]に[アンカーポイント][位置][スケール][歪曲][歪曲軸][回転][不透明度]を追加しておきましょう。

Afger Effectsで文字をバラバラにアニメーションさせる基本技は別記事にまとめました。

【AE】文字を1文字ずつアニメーションする基本技 | ぶいろぐ

テキストアニメーションは用途に応じて様々な作り方があります。

アニメーターの設定は細かいため、初心者はチュートリアルを見ながら実際に手を動かしてみることをオススメします。

動画で学びたい人にはモーグラフさんがわかりやすく解説したチュートリアルがオススメです。

操作方法にある程度慣れたら、詳しい手順が書かれたサイトの説明がわかるようになります。

After Effects|テキストアニメーションの作り方 – 文字をバラバラに動かせる基本スキル – モーションファイル

著:サンゼ(和田光司)
¥2,970 (2022/09/26 10:34時点 | Amazon調べ)

わかりやすいYouTubeチュートリアルでおなじみのサンゼさんによる参考書。平易な言葉で書かれているので用語不案内の初心者でも楽々スキルが身につきます。

After Effectsで文字を分割する手順

After Effectsの標準機能では、一文字ごとに自由な動きはつけられますが、文字を構成しているパーツまでは動かすことができません。

文字をパーツ単位だアニメーションするにはテキストを分解する必要があります。

動画のように自由な動きをつけることができるようになります。

文字を分割する時スクリプトを使うと便利です。

1.【GG 文解】

動画編集者のかずのこさんが薦める多機能な無料スクリプト(ダウンロードは下記にまとめました)です。

使い方は簡単です。

テキストを入力したレイヤーを選択し[Window]のメニューの最下段にある[GG_Bunkai_jsx]をクリックするとスクリプトの操作画面が表示されます。

テキストレイヤーをシェイプレイヤーに変換し5つのモードに分解してくれます。

このスクリプトのすごいところは文字を構成する部首にまで分解してくれるところです。

凝ったデザインをしたい人には重宝すると思います。

スクリプトダウンロード先(下記2つのどちらの方法でもダウンロード可能です)

γしめぢ(@gummasimedi)さんのツイート

無料でも使用できます。aescriptsのサイトからダウンロードできます。

価格は利用者が自由に設定できるので無料での購入も可能です。

ダウンロード後、解凍したフォルダにある【GG_Bunkai.jsx】と【BK_icon】の2つをパソコンの[ScriptUI Panels]フォルダへ入れます。
[C:ドライブ] → [Program Files] → [Adobe] → [Adobe After Effects 2020] → [Support Files] → [Scripts] → [ScriptUI Panels]

これで基本操作は終了です。

使い方は別記事をご覧ください。

【Ae】テキストを簡単に分解する”GG 文解”の導入方法After Effects | ぶいろぐ

2.【set_char.jsx】

一文字単位にレイヤを分解する無料スクリプトです。

【AE】一文字単位にレイヤーを分割する【set_char.jsx】 | Vook(ヴック)https://vimeo.com/189493497

一文字単位にレイヤを分解するスクリプト at AEP Project

「TextLoad」を選択、希望のメニューをSizeのプルダウンメニューから選んでBurn Onlyを押すという流れです。すると一文字ずつレイヤーに分割されます。

3.【motion3】

速度グラフを可視化して調整できたり、アンカーポイントを設定できる有料プラグイン(65ドル)です。

mooographさんが利用しています。

文字の分割は[ポップアップアウトライン]の中にある[BREAK]という機能で分割できます。

Motion — Mt. Mograph — Powerful Tools For Motion Graphics

AEでスクリプトを利用する方法(初心者向け)

ダウンロードしたスクリプトファイルを開き、フォルダを確認します。

フォルダの中身すべてを[アプリケーション]の[After Effects]のなかにある[Scripts][Scriptsパネル]の中に入れます。

すると管理者の確認が求められるので認証します。

これでAfter Effectsへの実装は完了です。

まとめ

一文字ごとに自由に動きをつけることができると表現の幅が広がります。

デメリットはテキストの誤字誤植が見つかった時の修正に手間がかかる点です。

文字が一文字ごとに分割されているので、初めから作り直さなくてはなりません。

タイトルデザインなどには便利ですが、定型文を大量に使う字幕テキストには不便です。

用途に応じて使い分けるようにしましょう。