Premiere RushでiPad編集機能がパワーアップ

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

安くて便利な編集ソフトに興味はあるけれど、できることなら編集環境は変えたくないと思ったことはありませんか?

Adobe CCに同梱されたPremiere Rushを使うとPremiere Proと作業を共有できるうえに撮影現場であっという間に編集公開することができます。

ポケットの中の飛び道具

Adobe Premiere RushはPremiere proの簡易版という位置づけの編集アプリです。iPhoneやiPadなどに入れておけば撮影から編集、公開までワンストップで利用できます。

既にAdobe Creative Cloudに加入していると無料で利用できますが、ない人は月額980円必要です。1)3回まで無料で書き出しが出来てその後は月額980円が必要

このアプリはPCでも利用できますが、ターゲットはスマホユーザーです。
スマホで撮影した動画をその場でササっと編集し、あっという間にSNSで公開したいというユーザー向けに様々な機能が用意されています。

主な特徴
  • 複数の端末で作業を共有。Premiere とプロジェクトが共有できるので互換性が高い
  • テロップやフォントなどが充実している
  • FacebookやInstagramでのシェアがワンタッチ
  • インタビューに合わせてBGMが小さくなったり、強力なノイズ除去など音の処理にこだわりがある

基本的な操作はiMovieと変わりませんが左右に分かれた編集画面は直感的に理解できる機能が整理され、テンプレートから選ぶiMovieにはない自由さがあります。

携帯端末で即公開というと、クオリティに不安を感じるかもしれませんが、Premiere RushはPremiere proの簡易版ということから連携もしっかりしています。例えばフレームレートの設定が可能であったり、Premiere Rushで撮影した素材を粗編集し、クラウド経由でPCから本編集するなども可能です。

References   [ + ]

1. 3回まで無料で書き出しが出来てその後は月額980円が必要




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。