【2021】iPhoneの 画面録画 を動画で行いWindowsで利用する方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 画面録画 を書きます。

iPhoneの画面を動画で収録したいことってありませんか。

キャプチャするだけなら今はアプリ不要。

iOS 11 以降および iPadOS を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、画面の録画と音声の録音ができます。

でも、録画した動画をWindowsに転送したり、直接PCの画面で利用するにはひと手間必要です。

そうしたiPhoneの画面収録のお悩みの解決方法をまとめました。

iPhoneのスクリーンを動画で 画面録画 するには

iPhoneの画面を動画でスクリーンショットするのは簡単です。

iPhoneの画面を収録する手順
  • 「設定」アプリでコントロールセンター→コントロールをカスタマイズと進む
  • 画面収録の項目にある+をタップすると、コントロールセンターに「画面収録」ボタンが追加される
  • 録画したい画面でコントロールセンターを表示させる
  • 録画ボタンをタップする(録画ボタンを長押しすると外部音声も取り込める)

詳しく見ていきましょう。

設定方法

  • iOSを iOS 11 にアップデートします。
  • iPhoneの設定を開きます。
  • 「コントロールセンター」を選びます。
  • 「コントロールをカスタマイズ」を選択します。
  • 「画面収録」があるので、それを選びコントロールセンターに追加します。

これで設定完了。

収録方法

  • コントロールセンターの中から、「画面収録」のアイコンを選びます。
  • 画面収録のアイコンを選択するとカウントが開始され、カウント終了後にiPhoneの画面の録画が開始されます。
  • 録画を終了するには、もう一度「画面収録」のボタンを押します。
  • 横画面で撮影したい時は、「画面収録」ボタンを押す前に、iPhoneを横向きします。
  • 動画はiPhoneの「写真」アプリに保存されます。

声も収録したい場合は「画面収録」ボタンを長押しして「マイクオーディオ」をオンに変更します。画面を見ながらしゃべることで動画にあわせて実況が撮影できます。

これで終わりです。

しかし、録画した動画を編集したりする場合は目的や内容によって必要な道具や手順が変わってくるので初心者には難しいのが正直な感想です。

付加価値を付けるにはPCとの連携を避けて通るわけにはいかないからです。

録画した動画をWindowsに転送する方法

iPhoneでキャプチャした動画を転送する前に知っておきたいことがいくつかあります。

転送の際の注意点

データの連携を行うには①USBケーブルで直接つなげる方法、②Wi-Fi同期で転送する方法、③Bluetoothで接続する方法などがあります。

単純にファイルをやり取りするといった作業であればiPhoneとWindowsPCをUSBケーブルでつなぐのが一般的です。リアルタイムでつなぐには②のWi-Fi同期が一般的です。

動画の転送で注意するのは、フォーマット形式です。

『iOS11』以降を搭載した(iPhone 7/7 Plus以降の)iPhoneのカメラでは、写真に「HEIF」、動画に「HEVC(H.265)」と新しいフォーマット(形式)が採用されています。

iPhoneで撮影した任意の写真・ビデオをパソコン上にコピーした際に写真・ビデオを表示・再生できない場合があります。再生できない場合は、iPhone側でパソコンにコピーする際のフォーマットの設定を変更する必要があります

iPhoneの「設定」から「写真」を選択して写真の設定画面を表示します。画面下部にある“MacまたはPCで転送”欄で「自動」を選択します。iPhoneの写真設定画面で”自動”を選択することにより、「HEIF/HEVC」で撮影した写真/動画でも自動的にWindowsPCでも普通にみることができる「JPEG/H.264」に変換されパソコンにコピーできます。

WindowsPCはひと手間かかる

iPhoneにいったん録画して、ファイルを転送するのではなく、直接ライブでiPhoneの画面をWindowsPCで録画したい場合はどうしたらいいのでしょうか。
OSがMacであるパソコンがある場合は、「QuickTime Player」というアプリを使って、iPhone画面の動画をパソコンに録画できます。

WindowsPCの場合は、iOS の AirPlay ミラーリング を利用すればiPhone の画面を簡単にパソコン上に表示することができるのでこの機能を利用します。

録画にもソフトとハードの道がある

ゲームプレイ動画作成など、直接ライブでiPhoneの画面を直接WindowsPCで録画したい場合は

  • ミラーリングソフトを利用して録画する
  • キャプチャーボードを利用して録画する

という二つの方法があります。
ミラーリングソフトとは、スマホ画面をPC上にそのまま映し出すソフトです。

iPhoneの画面をPCに映し出し、PCに映し出された画面をキャプチャーソフトによって録画します。

代表的なミラーリングソフトをいくつかご紹介します。

Bandicam

ゲーム実況だけでなく、モニターに映ったものならすべての映像を動画&静止画で保存できる動画キャプチャーソフトです。

パソコンの画面や音をそのまま保存できる動画キャプチャーソフトBandicam

Bandicam(バンディカム)はゲームやブラウザーの動画、Webカメラ映像など、PC画面に表示される内容なら何でも高画質でキャプチャーできる高性能動画録画ソフトです。※Bandicamは、体験版だと録画できるのは10分まで。それ以上録画したい場合は製品版を購入する必要があります。

【NHKプラス】同時配信キャプチャに成功Bandicam | ぶいろぐ

LonelyScreen

iOS の画面ミラーリング機能を利用し、iPhone / iPad をPCにミラーリング表示できるソフトです。接続は同一のWifi環境で行います。

PC画面上から操作することはできませんが、LT(ライトニングトーク)、プレゼンなどで手元の iPhone / iPad 画面をスクリーンに表示したい場合などに利用できます。音声は iPhone / iPad からは再生されず、PCのスピーカーから再生されます。

PCにインストール後、ソフトを起動すると Windows ファイアウォールによるブロック画面が表示されますが、「アクセスを許可する」ボタンをクリックしてアクセスを許可することでiPhoneとの接続が可能になります。

iOSデバイスとAirServerが起動しているPCを同じWi-Fiに接続することを確認してから、iOSデバイス画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

そして、「AirPlay」をタップしてネットワーク上にあるAirPlayに対応する利用可能なレシーバーの一覧が表示されます。

AirServerが起動しているパソコンの名前を選択して、その下にあるミラーリングのスイッチを切り替えます。

「LonelyScreen」を選択するとミラーリングされた画面がPC画面に表示されます。

※「Warning: You are using a free trial version. Do you want to subscribe now?(無料トライアルバージョンを利用しています。今すぐ購入しますか?)」と表示されますが、「Maybe Later」ボタンをクリックすると、表示は消えてiPhone 画面が表示されます。

LonelyScreen の評価・使い方 – フリーソフト100

 Reflector 

有料ツールです。 七日間無料の試用版が用意されているの関心のある方は、まず試してみるといいかもしれません。
トライアルはフル機能で、購入後に透かしが消えます。ダウンロードをクリックすると、スタートガイドページに移動します。

Reflectorとairplayで超簡単!iPhone画面をwindowsパソコンに表示する方法 | モノガク

AirServer

有料ツールこちらも七日間無料の試用版が用意されています。

Airserverの使い方と画面録画ソフトおススメ

iPad/iPhone録画究極

無料のツールです。

Apowersoft iPhone/iPad録画究極の使い方

キャプチャボードを利用して 画面録画 する方法

iPhoneとPCを繋ぐアダプター溶いての役割を果たす装置です。Wifiで接続するミラーリングと違い、有線接続なので安定的でかつ高品質が保障されます。
設定も簡単です。

  • キャプチャーボードとPCをUSB接続する
  • キャプチャーボードのIN部分からスマホを接続する
  • キャプチャーソフトを起動してキャプチャーボードの画面を録画する

以上です。

デスクトップパソコンの中に組み込む内蔵型と外付けのものがあります。パソコンに詳しくない人、ノートPCを利用している人は外付け型から選んだ方が楽かもしれません。※HDCPで保護されたコンテンツの表示・録画はできません。

売れ筋の外付けキャプチャーボードを3点ご紹介します。

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC551 4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス

2018年に発売の外付け型ソフトウェアエンコーダー方式のキャプチャーボード。4Kパススルー機能を搭載していているため4K対応の1080p60fpsで録画もできます。

Elgato Game Capture HD60 S [ソフトウェアエンコード式キャプチャボード

低遅延で、外部ソフトも一切不要。YouTubeへ直接アップロードが出来る機能も搭載しています。

AVerMedia Live Gamer Ultra GC553

GC550 PLUSの上位モデル。4K HDRパススルー対応。フルHD録画であれば最大120fpsで録画が可能です。

I-O DATA HDMI ゲームキャプチャー USB3.0

パススルー機能対応/HDMI接続可/フルHD60fpsで録画可能。Apple純正HDMI変換アダプター (別売)で、iPhoneのゲームも録画可能です。

Basicolor キャプチャーボード HDMI USB3.0

まとめ

iPhoneでスクリーンをキャプチャして、そのままiPhoneの中で編集して動画投稿という流れもありですが、細かな編集がしたいのならばいったん作業がしやすいPCにデータを送って編集する方がストレスフリーです。

転送する手間を省きたというならば、iPhoneからアダプター経由でHDMI出力し、PCでキャプチャーしてしまう方法もあります。

自分の好みの方法で動画投稿ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。