iPhone で撮影した動画がDavinci Resolveで再生できなかった件

iphone撮影MOV
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

iPhoneで録画した動画を編集しようとDavinci Resolve に読み込ませたところ、正常に再生できない現象が起きました。

Davinci Resolve はappleで使われている動画ファイル形式MOVには対応していたはずです。なぜ読み込めないのか。解決策を探りました。

DaVinci Resolve MOV 読み込めない

動画ファイルの調子がおかしいと気づいたのは、メディアを一括して読み込んだときのことでした。普通ならサムネイル画像に撮影した映像が見えるはずのファイルがそろってオフライン状態を示すマークのままです。

「いや、おかしいでしょ。DaVinci ResolveはMacにも入っているし」

と、ぶち切れながらまず試したのが、ネットで調べること。「DaVinci Resolve MOV 読み込めない」と検索しましたが直接の答えが見つかりません。

いろいろ調べたところこんなヒントが見つかりました。

動画編集に使う動画素材は予めその仕様を知っていることが前提。当該ファイルをフリーMediaInfo等で調べて把握して下さい。

MediaInfoというのはフリーの動画解析ソフトです。調べられるのは以下のデータ。

  • コーデック
  • フレームレート
  • ビットレート
  • アスペクト比
  • 映像方式(インターレース、プログレッシブ)

Davinci ResolveはMOV形式にも対応していますが、ひょっとしたら編集環境に問題がある可能性もあります。

例えば「コーデックが適応していても、携帯動画等はデータ量節約のためフレームレートがVFRの場合があり、動画編集ソフトで扱えない場合もあります」とか「Radeonシリーズのグラフィックボードに問題があるかもしれない」という説も飛び交っています。

インストールしたMediaInfoに撮影したMOVファイルを入れ解析しました。

するとビデオストリームにHEVCという見慣れない形式が見えるじゃありませんか。HEVCとは何か。調べてみるとこんなブログに行き着きました。

Windows 10 で Fujifilm X-T3 の H.265 動画ファイルを扱うためには Microsoft HEVC 拡張機能のインストールが必要│FUJI X がある生活

ブログを開くと、DaVinci Resolveのスクリーンショット。このブログの主も私と全く同じDaVinci Resolveの症状に悩んでいたのです。

HEVCとはH.265のことでした

HEVCとは最新の圧縮形式であるH.265 形式のこと。ふだんよく見るH.264よりも新しい形式です。実は、H.265 形式は、Davinci Resolveが苦手という以前に、標準装備のWindows10で開くことができない形式だったのです。

Microsoft から H.265(HEVC)のコーディックが無償で公開されているので、インストールすることで Windows 10 で H.265 形式のファイルを取り扱うことが出来ます。インストールするのは「デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能」というやつです。

Windows 10 で Fujifilm X-T3 の H.265 動画ファイルを扱うためには Microsoft HEVC 拡張機能のインストールが必要│FUJI X がある生活

そこでMicrosoftストアまで「デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能」を探し求めに行くことになりました。

デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能 を入手 – Microsoft Store ja-JP

Microsoft Store から「入手」をクリック。インストール完了です。

Windowsで「すべてのビデオ」のMOVファイルを開いてみます。サムネイルはしっかり撮影した中身の映像になっています。ということは、編集ソフトも正常に戻っているはずです。

Davinci Resolveに戻ってファイルを見てみると。

ファイルは正常に動作しています。このことから、iPhoneで録画した動画ファイルの読み込みにDavinch Resolveが失敗した原因は、Windows10がH.265に対応していなかったことが(たぶん)原因であることがわかりました。

結論

私のように、iPhoneで録画した動画を編集しようとWindows版Davinci Resolve に読み込ませてうまくいかなかった場合は、WindowsがH.265に対応していないことが考えられます。

Microsoft から無償で配布されている H.265(HEVC)のコーディックをインストールすれば解決できるかもしれません。

まとめ

Davinci ResolvesとMOV形式は、編集環境に問題がある可能性が有るようです。

先ほども書きましたが「コーデックが適応していても、携帯動画等はデータ量節約のためフレームレートがVFRの場合があり、動画編集ソフトで扱えない場合もあります」とか「Radeonシリーズのグラフィックボードに問題があるかもしれない」という場合です。

うまくいかなかったら、フォーマット変換ソフトでH.265のファイルをいったんmp4コンテナ形式に変換してからDaVinciに取り込むなどの手もあるのであきらめず挑戦してみてください。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。