テロップをテンプレートとして保存する手順 DaVinci Resolve

テロップ保存
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

一度作ったデザインを何度も一からやり直すのって大変ですよね。前回、民放バラエティ風のテロップの作り方を紹介しました。

手間暇かけて「TEXT+」で作ったテロップは愛着があります。テンプレートにして保存すると今後の作業が楽になります。保存する方法をご紹介します。

保存方法

テンプレートとして保存する方法はふたつあります。

  • パワービンに保存する方法
  • FUSIONを使ってテキストテンプレートを作る方法

作業の流れに応じて使い分けると便利です。

パワービンに保存する方法

「TEXT+」でひな形となるデザインのテロップをつくったら[View]タブをクリックし、[Show Power Bin]をクリックします。
すると、メディアプールの左に新しくPower Binのコーナーができます。
Power Binの[Master]をクリックしてドラッグ&ドロップでタイムライン上のテロップをフォルダに運びます。
これで保存ができました。
一回保存しておくと、別のプロジェクトでも使えるので便利です。
別のプロジェクトを作成したら、Power Binをから保存されたひな形をタイムラインにドラッグ&ドロップすればOKです。

FUSIONを使ってテキストテンプレートを作る方法

FUSIONを使うことでエフェクトライブラリーにテキストテンプレートとして保存する方法です。

こちらは、FUSIONの画面でテキストを選択。一からデザインを作り直すものです。FUSIONのテキストは「TEXT+」です。そのためインスペクタを使って民放バラエティ風の輪郭線のあるテロップをつくることができます。

つくったテロップはタイトルテンプレートとして保存できます。

作り方

FUSIONの中にできたテロップウインドウを選択。右クリックして[Macro][Create Macro]を開きます。
するとリストが出てきます。一見圧倒されますが、内容をよく見るとインスペクタの内容と一致しています。
この一覧にチェックを入れると、そのチェックマークを入れた部分が編集できます。
一般的には[Text]のフォント、カラー、サイズなど、あわせて[Layout]のセンター、サイズをチェックしてcloseを押し、マクロを保存します。
保存先はテキストテンプレートのフォルダ[FUSION][Template][Edit]{Title}です。
一度再起動して新規部プロジェクトを作成。エフェクトライブラリーのツールボックスにある[Title]に作成したテンプレートが見えれば成功です。

このテンプレートをタイムラインにドラッグ&ドロップすればOKです。

まとめ

長く使うテロップデザインは一度に決められるものではありません。動画の内容にあわせて少しずつ改良しながら自分に合った方法を作り上げていくのがうまくやる秘訣です。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。