モザイクをかける方法 DaVinci Resolve[Redius]編

モザイクのかけ方
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

撮影した映像を確認したら、映したらヤバいものが映っていた。そんなときは編集でモザイクをかけて処理しましょう。

DaVinci Resolveにはモザイクをかける方法がいくつかあります。今回はカラーページの[Redius]機能を使ったモザイクのかけ方をおさらいします。

モザイクのかけ方[Redius]編

前回紹介したのは、カラーページのノードを使ってOpenFX[ブラー]を使う方法でした。この方法以外に、[ブラー]のタブから[Redius]を使ってぼかしをかける方法もあります。

タイムライン上にあるモザイクをかけたいカットを選択します。

カラーページを開きます。

ここでモザイクをかけたい部分にマスクをかけます。

[Add Node]から[Colector]を選択します。

すると画面に新規ウインドウ(A)が現れるので最初から出ていたウインドウに繋ぎます。

新規ウインドウ(A)を選択したまま、タブ一覧から[ウインドウ(Window)]タブをクリック[Circle]ツールを選択します。

するとプレビューモニター上に枠があらわれます。

この枠を拡大縮小してモザイクをかけたい範囲を覆います。

ここから枠の中にモザイクをかけていきます。

ウインドウタブの二つ右横にある[Blur]を選択します。

すると下段に赤緑青が縦に並んだ枠が出現するので、左にある[Redius]の真ん中にある棒を一番上にずり上げます。

するとプレビューモニターの枠で囲った内側にぼかしが入ります。これでぼかしが完成です。

ぼかしを追従させる

[tracker]のタブを開きます。開いた画面の右上にあるoptionを[Cric]にします。

次に再生ボタンを押すと、DaVinci Resolveが勝手に被写体の動きを解析してくれます。

簡単な動きであれば、複雑な解析までする必要はありません。デフォルトではRotate(回転)、3D(立体)までチェックが入っていますが不要なので外します。

まとめ

世の中の出来事をふつうに撮影している分にはモザイクをかけざるを得ない場面にはそう出くわすことはありません。街中の撮影で他人の顔が映りこんだとしても、悪意で利用する場合を除いてモザイク処理することはありません。

肖像権侵害は、対象となる人が意図的に移された場合、さらに「我慢できる範囲内」を超えた場合にはじめて問題とされるのです。

あまりナーバスになる必要はありませんが、万が一に備えて技術だけは習得しておきましょう。

編集ソフトには、目的を達成するためのルートがいくつか用意されている場合があります。

一つの方法でうまく行かなかったり、しっくりこない場合は別のルートから作業を行うとうまく行く場合があります。一つ一つ覚えていきましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。