DaVinci Resolve17 で LUT をあててみました

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 LUT を書きます。

BMPCC4Kを使い始めてはじめてRAW撮影を経験しました。

撮影して驚いたのは、映像がなんともショボいこと。コントラストが曖昧なうえ、色もはっきり出ていません。

「粗悪品をつかまされた」かと一瞬血の気が引いたように感じました。

おそらく初心者の方に同じ思いを感じられた方も多いのではないでしょうか。

しかし、その絶望感はDaVinci Resolve17で編集してみると瞬時に消えました。

映像はいくらでも補正や加工ができたからです。

「すげえやRAW撮影」「RAW撮影おそるべし」・・・そんな声が自然に出たほどです。

いちどDaVinci Resolve17の「カラー」を使うと、いくらでも映像の質感を変えることができます。

若い人が映像デザインに熱中するのがよくわかる。色加工の沼にはまりそうです。

ただし、私の動画はそんなことに時間をかけるほどアートでクリエィティブなものではありません。

手軽に、一定水準の色味が出せれば正解です。どうすればいいか。その答えがLUTでした。

編集の定食コースLUTとは

LUTとは(Look Up Table、ラット)の略です。

Look Up Table とは複雑な工程を簡単処理に変えてくれる仕掛けを意味します。

大小さまざまな小銭を分別する「篩(ふるい)」のようなものと理解しましょう。

いわゆるエフェクトをかけること。

RAWやLogという映像(動画)データに適用すると、この色はこれとばかりに見栄えのある映像に調整してくれます。

映像の調整には正解がありません。そのためLUT素材は無料のものから有料のものまで種類が多く出回っています。

昼間撮影した映像を夜の雰囲気に変えてくれるLUT。何気ない日常を近未来SFの世界に変えてくれるLUTなと゛様々です。

いろいろな見え方を作り出すことができるので、好みののを探し当て、選ぶスキルが必要になるほどです。

DaVinci Resolve17 で LUT を 当てる

DaVinci Resolve17 で LUT をあててみました。

DaVinci Resolve17のカラーページには、BMPCC4Kで撮影したRAWや、CanonやSonyなど個別のカメラで撮影したLOGデータに対応する無料のLUTが一覧になっています。

もちろんLUTはこれ以外に有料のものも出回っているので好みのLUTをインストールすることもできます。

LUTを動画に当てるには、タイムライン上の動画を指定して、LUTのサムネイルをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

少し慣れてきたら、画面右側にあるノードにドラッグ&ドロップしても大丈夫です。

DaVinci Resolve17 のノードは、Adobeのレイヤーのような概念で、ノードにエフェクトやカラーグレーディングを加えていくことで後から修正が可能になります。

当ててみてしっくりこなければ、取り消しをすれば元に戻ります。

ノードにドラッグ&ドロップするとき、中級者は、ノード上でCtrl+Sを押して[シリアルノード]を追加します。

LUTをこの[シリアルノード]にドラッグ&ドロップすることで、独立して編集することができるようになります。

複数のカットにかけるには調整レイヤーを適用したいカットにかけてそこにLUTを適用したりします。

自分が撮影したカメラが各社のLUTと違っていた場合でも不具合は起きません。

DaVinci Resolve17 で LUT をさらに調整する

自分が望んでいた質感がイマイチ合わない場合は、

DaVinci Resolve17のカラーグレーディング機能を使って調整することができます。

いわゆる「盛った映像」が作れるようになると、カラーグレーディングの獣道に入ったことになります。

ここからは、ノードの使い分けや波形スコープ、カラーホイールなどの使い分けの知識が必要になるため、難易度が高くなります。

参考例を見ながら自分に合ったやり方を見つけましょう。

「DaVinci Resolve で LUT をあててみました」しろくま△のブログ | いつだってこころのまま – みんカラ

参考ブログ

DaVinci ResolveユーザーにおすすめのLUTセット「LUT Color Presets for DaVinci Resolve」LUTファイルが500個も詰まったLUTセットをサンプルとともにご紹介します。また、DaVinci ResolveにLUTを追加する方法や、LUTの適用量の調整方法についても合わせて解説しました。https://youtu.be/8-XFpyg-ZDs


編集ソフトに付いてくるLUTsに飽きてしまった方、撮った映像を海外映画っぽいクールなルックにしたい方、タダでダウンロード出来るLUTsが10個もあるので、全て紹介しちゃいます!![全てフリー!] シネマティックなルックになる10のLUTsを紹介します!! | Vook(ヴック)

現役カラリストが選んだ無料で手に入るLUTs 70選カラリストとして自分自身が重宝しているシネマティックLUTsを厳選して紹介し、無料でダウンロード可能とした。 これらのLUTsを活用して、あなたのブランドの向上に役立ててほしい。LUTとは? 現役カラリストが勧めるLUTs 70選(全て無料で一括ダウンロード可能) – cinemagear 映像制作機材info

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ