【Pr】ディゾルブを使った暗転のやり方

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画編集ソフトは複雑なので初心者にとっては機能を理解するのも一苦労ですよね。

先日こんな質問に回答しました。

動画制作でadobi premiereでディゾルブと暗転って同じですか?

よく使う機能なので編集ソフトには必ず用意されている機能の一つです。わからないところは繰り返し練習して身に付けましょう。

そもそもディゾルブって何

オーバーラップのことです。

ディゾルブ(dissolve)とは表示される映像がだんだん消えて行き、次の映像が徐々に現れる効果をいいます。カットとカットの間に挿入する切り替え効果のことをトランジション(transition)と総称しますが、その中に含まれる効果の一つです。ディゾルブという言葉は映像制作の業界用語のようなものです。

Premiereでディゾルブ編集するには

Premiereでディゾルブをつけるのは超簡単です。
まずタイムラインに二つのカットを編集します。
このまま再生すると前のカットと後ろのカットは瞬間に切り替わります。

クロスディゾルブを使う

カットとカットが徐々に入れ替わるデイゾルブをかけるには、
[エフェクト][ディゾルブ][クロスディゾルブ]を選択します。

マウスで[クロスディゾルブ]をカットとカットの間にドラッグ&ドロップすれば完成です。

カットを跨いだところに[クロスディゾルブ]とあります。前の映像と後ろの映像がクロスするように切り替わる効果のことです。

再生すると画面がオーバーラップして切り替わるのが確認できるはずです。

画面を暗転させる

さて、映像を暗転。もしくは白色などの画面にディゾルブするにはどうしたらいいのでしょうか。この場合、切り替わる映像を用意しなくてはなりません。

ちょっと面倒ですが、[ファイル][新規][カラーマット]と進み、背景色の静止画をつくります。この静止画をメディアプールに置いて、タイムライン上に乗せます。

タイムライン上で切り替えたい映像の上に配置し、今度は[エフェクト][ディゾルブ][ディゾルブ]を選択します。

ディゾルブとクロスディゾルブの違いが分かりにくいかもしれませんが、[ディゾルブ]をタイムライン上に置いた背景色の先頭部分にドラッグ&ドロップしてみましょう。

このケースでは背景を白にしているので、編集点付近ではうすぼんやりした感じになっています。

再生すると映像が徐々に背景色に切り替わることが確認できると思います。暗転とたい場合は背景色を黒に、白飛ばししたい場合は白にすれば完成です。

まとめ

参考例として私の作例をご紹介させていただきます。

映像中盤にクロスディゾルブの例と、最終カットにディゾルブ(この例の場合は”白飛ばし”です)の例が乗っています。ぜひ参考にしてください。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。