YouTube「おすすめ」に表示された不適切な動画をブロックする方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

役に立つ動画だけ見たいのに、不適切な動画やヘイトな動画がおすすめに表示されると不愉快ですよね。

YouTubeのホーム画面にまったく興味のない動画や不愉快な動画が突然表示されることがあります。こんな時は躊躇なく視界から消し去りましょう。

YouTube動画の特徴

YouTubeのホーム画面に不適切な動画を表示するのはYouTubeです。過去の視聴歴や視聴者の属性(年齢、性別など)から推測して「見てくれるのではないか」という動画を掲載するのです。間違って見てしまったものでもカウントするのですから困ったものです。

これにあらがう手段はただ一つ「興味がない旨のフィードバック」を行うことです。「いやだ」と伝えることが以降の判断基準に追加されるのです。

非表示にする方法

興味がない動画へのフィードバックには2種類あります。

ひとつひとつの動画に興味がないときは、表示される動画から[興味がない]を選択します。

動画の右に表示される[︙]を開き「興味なし」をクリックします。すると画面が削除されます。「理由を教えてください」と聞かれるので「この動画は好みではない」を選択します。

投稿者やチャンネル自体を「興味がない」とするには[チャンネルをおすすめに表示しない]を選択すると、チャンネルの動画すべてが表示されなくなります。

半永久的にブロックするには

動画をチャンネルごとブロックするにはブロックしたい投稿者のチャンネルページを表示し、表示された画面の右にある旗マークをクリックします。

いちばん上にある「ユーザーをブロック」をを選択し、「送信」を押せば完了です。ちなみにブロックされた側には視聴者の情報は伝わりません。

動画の中には「明らかにまずいだろ」という悪質な動画がたまにあります。その場合は最下部にある「ユーザーを報告」を使って通報しましょう。

いずれの行為も、視聴者に不利になることはありません。

まとめ

世論的には「見たいものしか目に入らなくなるから、視野が狭くなる」という声もたまに聞きますが、動画は放送とは違う個人の情報ツールです。

情報ツールは使いやすくあってこそ機能します。整理整頓することで使いやすい環境に整えましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。