動画の一部をモノクロにする方法DaVinci Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

回想シーンなどで良く使うモノクローム画面。DaVinci Resolve17を使えば簡単に作ることができます。

作業に使うのは色調整に使う「カラーページ」です。初心者にとっては訳の分からないページですが、簡単な効果から積み上げていくことで出来ることが広がっていくのでぜチャレンジしてください。

モノクロにする方法

タイムラインに変更したいクリップを置きます。

カラーページを開きます。画面をモノクロにするオーソドックスな方法は、[RGBミキサー]の下にある[モノクロ]にチェックを入れるだけです。簡単ですね。

それ以外にちょっと変わった方法があるのでご紹介します。

操作するのは「カラーホイール」と「キーフレーム」の二つです。

カラーホイールは、クリップの色に関する制御を行うパネルです。右から3番目のアイコンをクリックすると4つの円環が並んだ特徴的なパネルが開きます。モノクロの操作に使うのは円環の下にある「彩度」です。

キーフレームは画面右に三つ並んだアイコンの左端の菱形マークです。クリックすると下に選択したクリップのタイムラインが開きます。

まず、タイムラインのインジケーターを任意の点まで移動します。タイムライン画面の[マスター]から[サイズ調整]の範囲内で右クリックすると[キーフレームを追加]の窓が現れます。

タイムラインの二点にキーフレームを打ち、それぞれのキーフレームの[彩度]をデフォルトの50から0に変更すると、キーフレームに挟まれた部分がモノクロームになります。

このキーフレームをクリップの頭と尻に移動するとクリップ全体をモノクロームにすることができます。

このキーフレームをカーソルで、カット頭とカットじりまで移動すると、全体がモノクロームになります。

では、その下にある[静的キーフレーム]とどのような違いがあるのでしょうか。

二つのキーフレームをクリックし、静的から動的に変えます。

するとキーフレームの間に三角のマークが生まれます。

片方の値を50、片方の値を0にしてインジケーターを移動すると、徐々に色がかわるのがわかります。動的とは、時間とともにグラデーションのように着色することをいっていたわけなんですね。

まとめ

カラーのページにはグラフィックに関する様々な機能が詰め込まれています。簡単には覚えきれないので、一つ一つ作業を積み重ねながら身につけましょう。

<a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=2365720&p_id=3193&pc_id=7476&pl_id=41798&url=https%3A%2F%2Fonline.dhw.co.jp%2F” rel=”nofollow”>初心者が爆速でスキルアップしたい。動画編集を将来の仕事にしたい。というのなら独学ではなくスクールで学ぶのが一番早いです。</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2365720&p_id=3193&pc_id=7476&pl_id=41798″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”>




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。