山登義明「ドキュメンタリーを作る2.0」

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

番組作りという現場体験が評価されたのでしょうか。学生に映像制作を指導して欲しいという話が飛び込んできました。

筑波で学生に映像制作を指導する

教員課程を取ったこともなければ、人前で講演したりすることもないので迷いましたが、なにごとも経験だと引き受けることにしました。

講座は全部で10日間。週1回実習授業を行い映像コンテンツにすることが求められました。

最近の学生さんは、映像コンテンツというとアート系の映像を作りたがるのだそうです。

映像は人に情報を伝える手段であると、放送局時代はたたき込まれてきたので、アート系映像は作れません。

限られた時間をどのように設計するか、大いに参考になったのがNHKで番組制作に携わっていた人の著書です。

映像制作の具体論が企画、取材、構成と整理されたわかりやすい本です。この本を下敷きに映像制作の基本をおさらいすることにしました。

「ドキュメンタリーを作る2.0」山登義明 著(京都大学学術出版会)

よろしければチャンネル登録お願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。