動画編集 は 外付けSSD が ベスト

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 外付けSSD を書きます。

動画撮影に必須なアイテムは「ポータブルSSDです」と宣言しました。

動画に使える ポータブルSSD はこれだ SanDisk SSD | ぶいろぐ

では動画編集ではどうなのか。ポータブルである必要はありませんが 外付けSSD が必須です。

動画編集は 外付けSSD がベスト

外付けSSD

動画編集に外付けSSDが必須なのには理由があります。

動画編集にSSDが必須なわけ
  • 編集速度が圧倒的に早い
  • システムディスクに負担をかけない
  • 移動や保管が簡単

大容量のHDDやSDカードにもそれなりのメリットはありますが、総合点では編集用パソコンに外付けSSDという組み合わせがベストです。

編集速度が速い

SSDはメモリーと回路の塊りです。モーターや円盤などの可動部分がありません。直接メモリーを読み書きする分だけ処理速度が速い上、競争が激しく常に最新技術が取り入れられている分製品の底上げが進んでいるのです。

メモリーに記録していることから、かさばらず場所も取りません。さらに衝撃にも強いので落としたりしてもHDDを外付けするほどナーバスになる必要はありません。

システムに負担をかけない

OSを置いているディスクを使って編集を行うと、編集に使う膨大な動画ファイルがスペースを圧迫します。編集ソフトはシステムディスクを煩雑に読み書きするため、システムに負担がかかり遅延したり故障の原因になります。外付けSSDを編集用のディスクに切り分けておくと、システムディスクに過度な負担がかからなくなります。

移動や保管が簡単

外付けのSSDは取り外しができます。取り外したSSDは別の環境のパソコンにつなぐことができるので場所を変えての編集作業ができるので便利です。

外付けSSD のデメリット

秋葉原のパソコン専門店ではHDDを押しのけて看板仕様品になるなど急速に市場を伸ばすSSDですがデメリットもあります。

容量当たりの単価が高い

例えばHDDだと一万円出せば自作用で6TBくらいのものが手に入ります。それに比べるとSSDだと1TBがせいぜいと、容量あたりの単価に大きな差があります。

寿命がある

メモリーの塊であるSSDは物理的な衝撃には強いものの、メモリーの書き込み回数による寿命があります。寿命は製品によりさまざまで千回~一万回ともいわれある日突然データが飛んでしまうことがあります。

2021年注目の 外付けSSD

SSDのメーカーは複数あります。秋葉原でよく見かけるのはSANDISK、Transcend、Kingston、Crucial、SAMSUNGです。おススメはアメリカのHDDメーカーウェスタンデジタル社の子会社SANDISKです。

安定感で選ぶなら SanDisk 内蔵 SSD

SATA3.0のSSDです。新規格のM.2 SSDの商品よりも低速ですが、コスパの良さで選ぶならSANDISKのSSD PLUSシリーズがいいでしょう。

新規格のM.2 SSDに関心がある人はこちら。最近採用が増えているインターフェース規格です。呼び方は「エムドットツー」。ノートパソコンに搭載されたmSATAを引き継ぐ製品として開発されました。とにかく早い。mSATAの転送速度は6Gbpsですが、M.2は10Gbps~32Gbps。ちなみSATA3.0規格のSSDでは600MB/sが上限です。

外付けSSD ケースは一つ持っていると便利

「あれ、外付けSSDといいながら内蔵SSDを紹介するのはなぜ」と思われるかもしれません。実は内蔵SSDはは別売のSSDケースに入れることでポータブルSSDとして使うことができます。

初めから携帯用に設計された製品と比べるとデザインや防塵防水性能は劣りますが、本来の機能は変わりません。パソコンに慣れた人ならかなりのユーザーが利用する方法です。

まとめ

大量のデータを扱う動画編集には処理速度の速いSDDを使った方が効率的です。ばんやり編集する私にはSATAのSSDでも爆速感を感じて満足ですが、余裕が出てきたらM.2 SSDを手に入れたいです。

  • SSDは編集速度を爆速にしてくれる
  • 寿命があるので万が一の対策は考えておいた方がいい
  • 内蔵SSDは外付けにできる

参考にしてください。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ