TASCAM リニアPCMレコーダー DR-60DMKII研究

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

ゼンハイザーの超指向性マイクMKE600の導入をきっかけに音声収録の機材を見直します。

選んだのは、外付けのミキサー統合型カメラ用リニアPCMレコーダーTASCAM DR-60DMKIIです。

なぜTASCAM DR-60DMKIIを選んだのか。その理由をまとめました。

一眼動画の弱点克服!TASCAMリニアPCMレコーダーDR-60DMKII | ぶいろぐ

レコーダーを選ぶ理由

ミキサー統合型カメラ用リニアPCMレコーダーはプロの音声さんがロケ現場にもっていく必需品です。その理由は大きくまとめるとふたつあります。

外付けレコーダーを選ぶ理由
  • 信頼性の確保
  • 音源の多様性確保

マイクの音声をレコーダーに収録するデメリットは、①ロケ時の荷物が増えることで機動性が損なわれること。②価格が2万円程度することくらいです。

信頼性の確保

XLR端子

MKE600の出力端子は業務用でも使われるXLR端子です。カメラに接続するには3.5mmミニジャックに変換するアクセサリーケーブルが必要です。

3.5mmミニジャック は①接触不良を起こしやすい②抜けやすい

ところがミニジャック接続はプラグを触ると雑音が発生することがあります。接触不良ってやつです。さらにミニジャックは簡単に抜き差しできるため撮影中に外れる危険もあります。XLR端子の性能をフルに引き出すには収録側もXLR端子であることにこしたことはありません。

音源の多様性確保

ゼンハイザーの超指向性マイクMKE600

ガンマイクはピンポイントで狙った音を録りに行きます。カメラマイクは周囲の環境音も拾うので二つの音源は別々に録っておくと編集時の選択肢が広がります。

カメラの収録系ではできない多チャンネル収録に対応するのがミキサー統合型のレコーダーです。ロケの現場で音声さんが持っている機材は音源の多様性を求めるためになくてはならないものなのです。

TASCAM DR-60DMKIIとは

米国の音響機器メーカーTASCAM社が提供するミキサー統合型の4トラック リニアPCMレコーダーです。

リニアPCMレコーダーとはICレコーダーの一種。違うのはICレコーダーが音声信号を圧縮するのに対し、非可逆圧縮しないリニアPCM:WAVフォーマットで記録する点です。そのため原音に近い音を録ります。

プロ用コンデンサーマイクに電気を供給するファントム電源も備えています。4チャンネルの音を収録できるほか、ミキシングしてビデオカメラにアウトプットすることもできます。

DR-60DMKII の使い方

ふつうカメラの内蔵モニターでは音声信号の状態まで正確につかめません。カメラの音声処理は専用の機材に比べ作りこまれていないので、性能の良いマイクアンプを使うことでより音質の工事用が期待できます。

超指向性マイクMKE600は内蔵電池で動作するので、ファントム電源のない私のハンディカム(HDR-CX680)でも使用可能です。ハンディカムに繋ぐ場合はMKE600はDR-60DMKIIに繋いでアウトプットをHDR-CX680の音声入力端子に繋ぎます。

XLR/TRS入力2系統、左右の音源が一つにまとまったステレオミニジャック入力一系統が備わっている

DR-60DMKIIは、XLR/TRS入力が2系統、左右の音源が一つにまとまったステレオミニジャック入力があります。

実際はステレオミニジャック入力は1つなので3つのマイクが同時に使えるということです。

さらにマイクの音量調整も簡単にできます。万が一カメラ入力がトラブってもDR-60DMKIIにSD/SDHCカードへチャンネル別の音声信号が録音されているので保険が効きます。

マイク付きのリニアPCMレコーダーを選ばない理由は、すでに外付け ゼンハイザーの超指向性マイクMKE600 を使う前提だからです。

まとめ

スダイヤルやスイッチがたくさんあるので最初のうちは戸惑うかもしれませんが、実際に使う機能は多くありません。たとえば私の場合はひとの声をクリアーに撮るのが目的なので、モノラルレコーディングです。LRいずれかの XLR 端子につなげて設定するだけ。あとは音量がピークを超えないようにレベルを見守るだけです。

ハンディカム収録では機動性を生かすため自重605gのDR-60DMKIIは肩から吊り下げて使います。のちのちミラーレス一眼で収録を考えているので、一眼との連携はカメラの下に接続して撮影することになりそうです。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ