【Ae】パスの結合 でアニメーションをつくるAfter Effects

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 パスの結合 を書きます。

After Effectsでシェイプアニメーションを作るとき、基本となるのがパスの結合です。レイヤーを選択してコンテンツ の右にある(▶追加) をクリックすると

長方形、楕円形、多角形、パスという選択肢が現れます。この選択肢を駆使すると自由な図形(シェイプ)を描くことができます。

作ったシェイプを重ねることで円が消えていくようなアニメーションを作ることができます。

拡大しながら消えていく円形アニメーションを

レイヤーを選択して中身を開きます。[楕円形]を選択して、キーフレームを打ってアニメーションを作ります。

結合するパスを作るため、[楕円形]を選択肢Ctrl+Dで複製を作ります。

これでシェイプレイヤーの中に円形が二つある状態になりました。

※円形以外のシェイプを作りたい場合は、[追加]から任巣の図形もしくはパスを選択します。

[コンテンツ](▶追加)から[パスの結合]をクリックします。

パスの結合とは、レイヤーの中にある二つの図形を使って形を変える機能です。

下層の楕円形に[パスの結合]が追加されました。上に配置した楕円が下に置いた楕円を透過するアニメーションを作るには、下のレイヤーの[パスを結合]に変更をくわえます。

今回は[型抜き]を選択します。

[型抜き]とは、下に置いたシェイプが上のシェイプを消してしまう効果です。

プレビュー画面に表示されていた円形が消えました。

上に置いた円形が下の円形にょってくりぬかれたのです。

この場合、複製した円が同じ大きさかつ、同じスピードでアニメーションするので完全にかぶってしまいます。

型抜きした円形アニメーションを作るには、削る側、すなわち下に置いた円のキーフレームを少しずらしてスタートを遅らせます。

二つのキーフレームを範囲指定し、数フレーム後ろにずらします。

円が広がりながら消えていくアニメーションができました。

パスの結合の注意点
  • 結合させるシェイプは二つ用意する
  • パスの結合を行うのは下の階層に対して行うので並び順に注意する

まとめ

円形が拡大しながら消えていくアニメーションの作り方はこの方法だけではありません。

自分が作りたい物を作る時、一番簡単で早く作れる方法は何か。様々な方法を身に付けながらスキルアップを目指しましょう。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ