カット編集の基本 と間違えた時の戻し方 Filmora

カット編集の基本
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 カット編集の基本 を書きます。

動画編集の基本は映像のカットと入れ替え・並べ直しです。

映像は順列組み合わせのようなもの。

並べ方により映像が持つ意味が変わってきます。

素材の中から使える部分だけを切り出し、不要な部分は捨てる。

単純だけど実に奥が深い作業です。

視聴者に情報を伝えたり、心を揺さぶる物語を語るにはカット編集が基本。

無駄な時間を減らすことで編集に集中できる方法をご紹介します。

カット編集の基本 Filmora の時短術

初心者には超優しい編集ソフトの一つがFilmoraです。

ダウンロードはWondershare公式ページから行えます。

導入方法がわからない方はこちらを確認してください。

Wondershare の アカウント登録と Filmoraのインストール方法 | ぶいろぐ

Filmoraを使いこなす上で、まず覚えておきたいのが映像のカット方法です。

カットのやり方

カットを実行する方法は3つあります。

  • 赤いシークバー上のハサミマーク
  • ショートカットキー(Ctrl + B)
  • メニューのハサミマーク

簡単なのは、カットしたい位置まで赤いシークバーを移動させ、マウスでクリックすることです。

これでシークバーの位置でクリップが分割。つまりカットできます。

カットしたクリップはマウスで好みの位置に移動できます。

少し慣れてきたら覚えたいのがショートカットキーです。

やり方は簡単です。

カットしたい位置でCtrlキーとBキーを同時押しするだけです。

ショートカットキーとは、マウスの操作をキーボードで行うこと。

マウスがない環境では欠かせない手段です。

慣れてくると高速で作業ができるようになるため、だいたいの中級者はショートカットキーをマスターしています。

不要な部分をカットして削除する

会話の中にできた無意味な間など、不要な部分はカットして削除しましょう。

間の部分の始まりと終わりをカットしてクリップが三分割します。

不要な部分をクリックします。

この状態で赤枠で囲った部分の「ゴミ箱マーク」(削除)をクリックします。

すると不要な部分が削除され後ろの部分が前に自動的に移動して間がつまります。

※間を自動的に詰めたくない場合は「自動リップル機能をON」にしておきましょう。あとから間を詰めたくなったら削除したい隙間を右クリック→「リップル削除」をクリック。これだけで間が削除されます。

間違えた時の戻し方

一旦カットしてしまったカットを元に戻す方法は次の通りです。

  • メニューの左矢印(アンドゥ)マーク
  • ショートカットキー(Ctrl + Z

ツールバーの「左向きの矢印(アンドゥ)」(Ctrl + y)を押すことで、直前の最後の動作を元に戻すことができます。

※「右向きの矢印(リドゥ)」を押すと直前の最後の動作をやり直します。

カットした直後ならばショートカットキーを使うのが超簡単です。

FilmoraのダウンロードはWondershare公式ページから行えます。

まとめ

カットして間を詰める。クリップを並び替える。カット点を元に戻す。

簡単なようですが、最初のうちは操作を頭で確認しながら行うため時間もかかる上、ストレスも溜まります。

効率的に進める「リップル削除」と合わせて、無意識に動作ができるようになるまで積み重ねましょう。