【Pr】編集を軽くする必殺技・プロキシの設定方法

プロキシで速くなる
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

4kなどの情報量が多い映像を編集する時、ノートパソコンや一世代前のPCで編集しようとすると動作が遅かったりうまく編集できない場合があります。

こうした場合の解決策が「プロキシ」です。プロキシとは「代理」を意味する言葉です。オリジナルの映像素材ではなく、編集用に軽い素材をつくって編集するいわば抜け道のような手段です。

編集に慣れないとわかりにくい概念です。しかし、一度使ってみると簡単で、画面がスムーズに動くので作業ストレスも吹っ飛びます。その手順をまとめました。

Premire Proで編集を軽くする必殺技・プロキシの設定方法

オリジナルの素材から軽い素材を別途コピーして編集する目的はデータ収集です。編集の目的はカットした地点の位置や映像の色合い、音声の強弱などの情報を得ることです。

ですから編集作業ではデータ量が軽い素材を使っても、その軽い素材を書き出すのでなければなんの問題もありません。

①Premiere Proの準備

「プロキシの切り替え」ボタンを追加する場所は、「ソース」と「プログラム」の2つです。ところがPremiere Proの初期画面にはプロキシ編集の設定が見当たりません。

プロキシを読み込むためにはPremiere Proに「プロキシの切り替え」画面を自分で作る必要があります。

作り方は簡単です。ソースとプログラムの画面右下にある「+」ボタンの中に格納された「プロキシの切り替え」ボタンをドラッグ&ドロップで編集パネルに追加するだけです。 

②プロキシの準備

次に、オリジナル素材からサイズの軽いプロキシファイルを作ります。

Premire Proでプロジェクトに読み込んだ素材を右クリック{プロキシ][プロキシを作成]を選択します。

※ファイルが複数ある場合はshiftキーを押しながらまとめて選択します。

[プロキシを作成]という欄が出てくるので、任意の形式とプリセットを選択します。
※Windowsはh.264を推奨、MacはQuicktime
※プリセットはLow Resolution Proxyで十分です。
「保存先」を指定します。
※初心者は保存先を[オリジナルメディアと同じ階層、プロキシフォルダー内]に置くことを勧めます。

OKを押すとMedia Encoder CCが起動し、作業が始まります。

この課程で保存先に[Proxies]というフォルダに自動で生成されます。
※この作業でオリジナル素材からデータを圧縮した編集用のクローン素材がつくられます。エンコードと呼ばれる作業に時間がかかります。素材が多い場合などは夜間に行うなどします。低スペックのPCの場合は時間に余裕を見ましょう。
※[Proxies]の中に作られたクローン素材を確認します。この素材は編集がすべて終了するまで削除しないでください。

③Premiere Proで編集

Premire Proにオリジナル素材を読み込みます。※タイムラインに乗せるクリップはプロキシ素材ではなくオリジナル素材です。

編集を始めます。

編集時に重いと感じたら、随時軽いクローン素材に切り替えて編集を続けます。これでおわかりのように、プロキシは編集時に動作の軽いクローン素材を使いわけるための技なのです。
※プロキシで編集する時は青色、オリジナルの素材で編集する時は白と使い分けます。

④動画の書き出し

動画の書き出しは[書き出し][メディア]で行います。

書き出しにはオリジナルの素材をもとに自動的に行われます。

動画の書き出しが終わり、編集がすべて終了したらプロキシデータは削除してかまいません。

まとめ

私の場合、日常的に編集するのは1920×1080のサイズが基本なので重さも想定内です。プロキシを使ってまで編集すること必要はあまり感じません。

将来、4K映像があたりまえになる時代は来ると思いますが、その頃には高機能なPCが安く手に入るようになっていると思うので、作業用PCも含め当面はピンポイントに使える準備だけしておけば十分のような気がします。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。