かさばる動画を編集ソフトを使わず圧縮する方法

動画圧縮
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画のファイルサイズは大きくなりがちです。編集して音楽をつけたりするとさらに容量が増加します。

サイズの大きい動画はハードディスクなど保存媒体の容量を食います。
動画をWebサイトにアップする場合でもファイルサイズが大きいと様々な問題が起きます。

はじめての人にとっては、動画の容量を減らしたい時どうすればいいかわからないことです。

編集ソフトがあれば編集ソフトで圧縮

まず編集ソフトを持っている人は迷わず動画編集ソフトで圧縮しましょう。

本編を書き出した後、サイズやビットレートなどを変えて別名で保存すれば本編と軽い動画の二本ができます。

編集ソフトを使いこなすには、編集ソフトでできることは必ず編集ソフトを使い続けることです。

編集ソフトを使わず動画を圧縮するにはフリーソフトとオンラインの二つの方法があります。

オンラインで動画圧縮

フリーソフトは星の数ほどあるので好きなソフトをインストールして圧縮するだけです。
ここでは、オンラインの方法を三つご紹介します。

1.Googleフォト

googleGoogle フォトは、オンラインで写真や動画を管理できるGoogleのストレージサービスです。

持っていない人はアップルならApp Storeで、WindowsPCならgoogleから無料でダウンロードできます。保存した動画を自動圧縮できます。ファイル内容にもよりますが、圧縮率は80~90%です。

2.Onlin Video Converter

 動画、音楽、EBook、ドキュメントなどのファイル形式を変換できる。英語表記のため見づらい。

Online converter – convert video, images, audio and documents for free

3.VideoSmaller

VideoSmaller は動画のファイルサイズを小さくする無料オンラインサービスです。MP4、AVI、MPEG、MOVの動画フォーマットに対応。圧縮率はものによっては十分の一になる場合もあります。

操作は動画ファイルを選択し、「動画をアップロード」ボタンをクリックするだけです。

画角を変更する場合は横幅を指定して行います。YouTube動画の平均値は1920なので参考にしてください。

動画のファイルサイズをオンラインで小さくする、動画をオンラインで圧縮する (MP4, AVI, MOV, MPEG) | VideoSmaller

4.オンラインファイル圧縮ソフト

オンラインファイル圧縮ソフトは、オンライン上で動画や画像、PDFを圧縮できる無料サイトです。標準圧縮に加えてサイズ重視と品質重視の圧縮タイプを選ぶことができます。

完全に無料で使えるオンラインファイル圧縮ソフト

圧縮の手順

  1. 動画ファイルを圧縮サイトにアップロードする
  2. 圧縮形式を選択する
  3. 圧縮されたファイルをパソコンにダウンロードする 

動画圧縮サイトによって圧縮する際の変換形式や品質、出力フォルダや音声の有無などの圧縮形式に違いがあります。

オンラインのメリット

オンライン圧縮のメリット
  • ソフトをインストールすることなくオンラインで使える
  • アップロードしたファイルは数時間後に削除される
  • 500M程度の容量まで無料でアップロードできる

オンラインのデメリット

オンライン圧縮のデメリット
  • エンコードには比較的時間がかかる。※10分程度の動画でも30分以上要する場合がある
  • 通信容量がかかる
  • 画質や音質は劣化する場合がある
  • 通信容量がかかる。※通信速度制限に引っかかってしまうこともある
  • セキュリティ面の注意が必要

まとめ

動画を圧縮する必要があるのが、編集途中の動画を試写のため限られた人数に送信するときです。ギガファイル便などで送る際、画質よりもデータ量が優先されます。編集ソフトもない。フリーアプリなど入れたくないという人が増えてきた時、オンラインで圧縮できれば便利です。

ちなみに、静止画の圧縮についても触れておきます。このブログのサムネイル画像も「iLoveIMG」というオンラインのフリー画像圧縮サービスを使っています。静止画の圧縮、リサイズなどをクラウド上で行うフリーサービスで、オンラインで圧縮された画像はipegやpngでもインデックス形式の画像になります。

オンラインで画像を圧縮。最高の画質および圧縮方式

さまざまなサービスがあるので使い勝手で選べばいいと思います。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。