動画編集でフォントを追加する方法【DaVinci Rresolve16】

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画に文字を表示するのは、情報をわかりやすく伝えるためです。 画面に文字を写し出す文字情報をテロップといいます。

パソコンの編集ソフトにはフォントを選べる機能が付いていますが、その方法に迷う人がいます。

文字のデザイン、つまりフォントは自由に入れ替えることができます。

フォントを追加する方法

問い合わせで多いのが編集ソフトのフォントを変えたいという質問です。

Blackmagic DesignのDaVinci Resolve という編集ソフトを先日ダウンロードのしたのですが、この編集ソフトでは、

・フォントの追加
・ 無料のフォントの利用

などは出来ますでしょうか?
PCに詳しくなく少しでも知ってる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

DaVinci Resolveという編集ソフトについて質問です。 – Blackmagi… – Yahoo!知恵袋

結論からいうと、編集ソフトは、そのパソコンの中に入ったフォントを使っています。新規のフォントが使いたければパソコンにインストールするだけでフォントは追加できます。

鉄板フォント

印刷・出版業界におけるPostScriptフォントの第1位の市場シェアを誇るフォントメーカーが「モリサワ」。手動写植機や電算写植機のメーカーです。

予算があるなら有料ソフトを購入しておけば安定感のある絵作りができます。情報をしっかり伝えるためのユニバーサルデザインフォントや有料でしか手に入らない文字フォントは見栄えもいいのでお勧めです。

書体見本 | モリサワのフォント | 株式会社モリサワ

無料フォントはどこにある

無料フォントもインストールすれば使えます。

デザイン系のサイトを探すと見つかります。よく使われるのがこちらのサイト。日本語も充実しています。ただし漢字は手数がかかるため数が少ないので注意してください。

フォントフリー – 無料の日本語フリーフォント投稿サイト

フォントフリーのサイトからフォントをダウンロードしてみましょう。

使ってみたいフォントのバナーを押すとダウンロード先にいざなうページが現れます。

作者のサイトに誘導されます。このサイトでは好みのフォントを選ぶと選択した部分が赤く変色してファイルがダウンロードされる仕組みです。

圧縮ファイルがダウンロードされるので、クリックして開き、インストールを押すとPCのフォントに追加されます。

このほかに写真やイラストがフリーで利用できるフォントACというサイトもあります。

フリーフォントのダウンロードサイト「フォントAC」

動画作品の主役はあくまで映像にあります。テロップは主役を引き立てる脇役です。

必要な情報が一目で読み取れるように、文字はフォントやサイズ、字数に気をつけながら配置しましょう。

Davinci Rresolveでフォントを変更するには

Davinci Rresolveではパソコンに内蔵されたフォントを使うことができます。

私はadobeを使っているのでadobeがセットで提供してくれたフォントを利用します。中でも使いやすいのが小塚ゴシックです。

フォントによっては ウェイトといって、様々な文字サイズが用意されています。

わかりやすさを優先するテレビニュースなどではゴシック体でウェイトは太めのBやHが使われています。

情報を伝えるのが目的の動画で使うフォントは、イメージより視認性を優先して選んだ方が仕上がりが良くなります。

フォントを使うとき気をつけなくてはならないのが著作権です。有料のフォントには利用できる範囲が明示されているので確認して使いましょう。

YouTubeに投稿できるのは商用利用可のフォントです。

フリーフォントの中にも 「商用可能」で「クレジット表記必要なし」 のものも多いので自分なりにコレクションしておくと重宝します。

フォントを変える手順

Davinci Rresolveでは まず、エフェクトライブラリから「タイトル」→「テキスト」をタイムラインにドラッグ&ドロップします。

テキストレイヤーをクリックすると枠が赤く変わります。そのとき画面右上にインスペクタが表示されます。

フォントの変更はこのインスペクタを操作することで行います。

最上部にあるのがフォントです。

右にあるボタンを押すとそのパソコンにあるフォントが一覧になるのでその中から必要なフォントを選びます。

※ちなみにDavinci Rresolveでは英語フォントが上段、日本語は下段に配列されているので日本語中心の動画作りにはやや不便です。

インスペクタでは次のような文字の調整ができます。

  • フォントの変更
  • 文字のサイズ
  • 文字のタテヨコの比率
  • 字間
  • 行間
  • 配置
  • 角度

英語ですが丁寧に説明している動画があります。

文字テロップの操作方法について見るだけで仕組みが頭に入るのでお薦めです。

放送番組などで使うテロップでは文字フォントは一般的にゴシックが使われます。

ウェイトはH(かなり太い)、サイズは15ポイント、一行の文字数は20字を目安に、ドロップシャドウをつけて表示します。

また、インスペクタには文字効果機能としてドロップシャドウやスクロール、バックグラウンドなども操作できます。

よく使うのは文字に影を付けるドロップシャドウです。白い背景に白色の文字を付ける場合などに、影が付いていると読みやすいので重宝します。スクロールやバックグラウンドは使わなくても支障ありません。

動画を”目立たせたい”場合はデザイン系のフォントを使うとインパクトが出ます。

フォントを着色したり、外枠をつけたりすることでより刺激的な文字をデザインすることも可能です。

デザイン系のフォントは自己主張が強いので目立ちますが、作品の中身を引き立ててくれるかどうかは別問題です。

調子に乗って使うと画面の品がなくなります。また、様々なフォントを混在させると うるさくなります。

脇役は目立たずシンプルで、その代わり中身を強くするのが長く見て貰う秘訣です。

まとめ

お手持ちのパソコンにイメージにあうフォントがない場合は、まずフリーフォントサイトを探してみましょう。

フォントフリー – 無料の日本語フリーフォント投稿サイト

漢字まで揃った日本語フォントはあまり多くありませんが、いくつか試してイメージにあったフォントを探しましょう。

業務用で使うのならば市販フォントやデザイナーが提供する有料フォントを探すとイメージに合ったものが探せます。

よろしければチャンネル登録お願いします。