MaskPaintを使って 線形アニメーション をつくる手順DaVinci Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 線形アニメーション を書きます。

DaVinci Resolve17を使っていて戸惑うのは After Effectsでいうところのペンツールに当たるツールが見当たらないこと。線をアニメーションさせるにはどうしたらいいのでしょうか。[Fusion]の中にある[MaskPaint]を使うと線の始点と終点を操作することができます。

MaskPaint でマスクする

線をアニメーションするには、例によってエディットページに[Fusionコンポジション]を配置して[Fusion]ページに移動します。

エフェクトの検索画面にmaskを入力。[MaskPaint] を選択します。

MaskPaintのノードの下にある白丸を押して、ビューパネルに表示させます。ノードをMediaOutに接続して、[PolylineStroke]のボタンを押します。これでビューパネル上に線を引くことができます。

線を引きたいところに次々に点を打っていくと線が引けます。

つながった点同士を滑らかにしたり曲線にしたりするには、メニューのアイコンを選んで行います。

線形アニメーションをつくる

インスペクタパネルにある[Stroke Controls]から行います。

[Write On]のスライダーを動かします。左が始点と右が終点に当たる部分を動かすと線が現れたり消えたりさせることができます。

キーフレームをつければアニメーションの出来上がりです。

まとめ

マスクペイントは様々な場面で応用が効く手法です。文字だけではなく、ビットマップなど画像にも使えますし、使い方次第では面白い効果が出る技の一つです。

動画で確認したい方はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ