プロも学ぶオンライン講座 Coloso 評判や料金、注意点とは

Coloso
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 Coloso を書きます。

動画制作の知識を身に着けたいと思った時、「国内外の一流の講師から学びたい…」と感じたことはありませんか?

プロの技術がそのまま盗めると評判のオンライン講座があります。

ダストマンさんが体験入学するなどで注目されたオンライン講座「Coloso(コロソ)」です。

知名度が低いので評判が気になる・・・という人向けにまとめました。

この記事はこんな人におすすめ
  • Colosoの評判が知りたい
  • Colosoの受講を検討中
  • Colosoのメリット(良い点)、デメリット(惜しい点)が知りたい

現在Colosoでは、新規登録した方にもれなく最大10,000円OFFの新規会員登録クーポンを配布中です。(2022年12月31日23時59分まで)

Colosoとは

Colosoとは一体どんな講座なのでしょうか。

  • 「coloso(コロソ)の講座ってどうなの?」
  • 「講座ごとに買い切りだけどコスパは?」
  • 「人気の講座ってどうなの?」

気になりますよね。

Colosoとは映像系のチュートリアルサイトです。
Coloso. | コロソ.


運営するのは今から三年前に韓国の成人教育コンテンツ企業「DAY1 COMPANY」がCIC(社内独立企業·CompanyinCompany)として設立したサービスです。

すごいのはその成長ぶりです。

昨年は年間995億ウォン(95億円)の取引額。対前年比2.5倍以上の伸びを記録したというのですから驚きです。

Colosoの講師陣と内容

Colosoは昨年10月日本版サービス「Colosoジャパン」を始めました。

日本人による日本向けのコンテンツも増えています。

  • pixivの絵師のモ誰
  • C4D(シネマフォーディ)アーティスト、パク・テフン
  • イラストレーターのソク・ジョンヒョン
  • 人体ドローイングのキム・ラッキ

などのクリエイターによる講座や

  • 美術解剖学の加藤公太
  • アニメーション広告を手がける松浦泰仁
  • アニメーション監督の畳谷哲也

など日本人講師によるオリジナル講座を受講することができます。

肩書きと顔ぶれを見てピンとくる人がいるかもしれませんが、講座の内容は密度が高く。

美大に入学せずとも美大と同等かそれ以上の授業が受講できるのが最大の売りなのです。

Colosoの講座「マスタークラス : Cinema4D レンダリング」を徹底レビュー【Redshift パク・テフン】【PR】 | IzukaEffects

Colosoの動画講座は34講座 うち日本人講座は9講座

動画の講座は主にモーショングラフィックス・CG・VFXといったクリエイター系のメニューにより構成されています。

日本人講師の講座を一覧にしました。(右は受講料です)

初めてのHoudini、フォトリアルなハイエンドVFXFXアーティスト 濱口稜大35,000
基礎から学ぶ心を動かすストーリーボード制作ストーリーボードアーティスト 栗田唯35,000
0から始めるAfter Effects、実務でフル活用できる2Dモーションモーションデザイナー高瀬瞬輔35,000
After Effectsで作り上げる幻想的なアニメーション映像クリエーター 稲葉秀樹35,000
C4D+ZBrushで完成するリアリティー溢れる3Dキャラクター3Dアーティスト 杉本大地35,000
Cinema 4D表現の無数の可能性:基本からVR映像まで映像デザイナー 井口皓太70,000
MV制作を通して学ぶエフェクトアニメーションアニメーション監督 畳谷哲也70,000
AfterEffectsとCinema4Dのアニメーション制作映像ディレクター松浦泰仁70,000
2Dアニメーションの基礎からシーン構築まで2Dアニメクリエーターカズノコ70,000
2022年08月現在、期間限定の割引価格が適用されているので、実際には割安で受講できます。

講座のメニューは動画以外にもキャラクターデザインや料理など幅広く、興味があれば色々なものが学べます。

Coloso のメリットは

講師ごとに10数本〜30本弱の動画を視聴します。

なので、プロから直接プロの思想や考え方、クリエイターとして活躍するうえでの助言を得られる点が最大のメリットです。

次に情報の鮮度が高いこと。講座が続々追加されているので、新しい知識が学べます。

質の高い講師陣に加えて、注目なのが「無期限視聴」できる点です。

スクールによっては期間限定や回数制限などの制約を設けている場合があり、あとで確かめようとしても視聴できないものもあります。

その点、無期限視聴ができるのはありがたいですね。

Coloso のデメリットは

講座の受講料が高く感じられること。

正規価格で7万円が70%割引の2万円になっていたりします。

費用と満足度は受講した人によって異なるので第三者は評価しようがありませんが、価格の点で二の足を踏む人がいることは確かです。

韓国由来のサービスなので、日本向けの講座が少ないこと。

韓国の講座は吹き替えがないので字幕に頼らざるを得ないのも不便です。

ただし、海外のサービス(Cinema4DやRedshift)のチュートリアルは基本翻訳なしなのであるに比べれば良心的です。

事前に内容のレベルが選べないこと。

特に初心者には、講師によって講座の難易度が異なる点があることも注意しましょう。

Colosoの講座は専用のプレーヤー(KollusPlayerというソフト)が必須です。

まとめ

Colosoはプロが使う実用的な技を何度でも繰り返し確認できるところが魅力です。

したがって、ある程度ツールが使えるようになった中級者が、それ以上上を目指すための知見を得るという姿勢で学んだ方が効果的です。

こんな人におすすめ

  • 動画編集(クリエイター系)で伸び悩みの方
  • 実力あるプロクリエイターから学びたい方
  • 自己流に限界を感じてきた方

おすすめできないのは

  • 操作スキルを身に付けたい初心者

一回の出費で動画を繰り返し視聴ができ、一生使える技や、最新の知識が手に入ります。

興味のある人はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。