ZOOMで録画をする方法

フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ZOOMで録画をする方法 を書きます。

ZOOMを使った会議を収録して編集したいと思ったことありませんか。

十分可能です。

ZOOMで動画配信した素材を編集してほしいと相談を受けました。

ZOOMを素材にするのは初めてだったので調べました。

ZOOMは「レコーディング機能」をつかって収録できます。

動画ファイルはドキュメントのZOOMフォルダにmp4形式で作られます。

このファイルは編集ソフトで編集することができます。

ZOOMで録画をする方法

ZOOM録画の注意点をまとめます。

録画機能は原則ホスト側のPCの限られます。

ただしホスト側の許可がもらえればメンバー側でも録画は可能です。メンバー側でも録画をしたい場合は、画面下の「レコーディング」ボタンを押します。すると録画許可願いがホスト側に通知され、許可により録画ができるようになります。

録画は、画面下の「レコーディング」というアイコンを録画したいタイミングで押すだけです。

すると押した時点から録画が始まります。止めるには再度「レコーディング」アイコンを押すだけです。極めて簡単。

録画中は画面左上に「レコーディングしています」という表示が出ます。

注意するのは、録画ボタンを押したつもりになって録画していなかったというケアレスミスくらいなものかと。

動画ファイルは[ドキュメント][ZOOM]の中に日付の入ったフォルダが生成され、その中にMP4形式で保存されます。

収録が終わったら、録画ファイルを再生し三点チェック(冒頭、中盤、末尾)で計画通りに収録できたか確認します。

動画ファイルはメモリーカードなどにコピーすることで編集ソフトで編集できます。

コピーする際、エンコードの時間がかかるので十分余裕を持って計画を立てましょう。

ミーティングルームから録画設定する

もう一つの方法として、ミーティングルームを作るときに

あらかじめ設定するという方法があります。

設定画面の中のミーティングオプションに

「ローカルコンピューターにミーティングを自動記録」という項目があるので、それをチェックするだけです。

録画はミーティングルームを立ち上げた時に自動的にはじまります。

録画は止めるわけにいきませんが「一時停止」をすることで不要な録画を避けることができます。

さらにもう一つの方法としてクラウド上に録画するという方法がありますが、Zoomの有料ライセンスを契約しているユーザーのみ扱える機能になります。

ちなみにクラウド上に保存したデータはクラウド上のZoomのオンライン機能で、Zoomで録画した動画をトリミングしたり、字幕追加したり、再生速度を変更したりすることができます。

編集する

編集は一般的な編集ソフトで可能です。

ZOOMで自動保存した動画ファイルと、別カメラで収録した素材を編集する場合は、音のずれが発生する場合があります。編集する際はリップシンクに注意しましょう。

まとめ

Zoomで録画した動画を編集する方法は以上です。

編集することでミーティングやセミナーの重要なところをしっかり伝えられるようになります。

会議の内容もテンポよく聞こえるようになるので習熟して自分のスキルにしましょう。