VLCメディアプレイヤー起動時の画面サイズを固定する

VLCメディアプレーヤー
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

パソコンで動画を試写する際、使いやすいメディアプレーヤーが手に入ると便利です。スクリーンショットを簡単に作れることから私はVLCメディアプレーヤーを使っています。

VLCメディアプレイヤーを初期設定のまま起動すると動画のサイズに合わせてしまうので、巨大なサイズで立ち上がります。そのためいちいち手動でサイズを変えなくてはなりません。

そこで起動時に任意の画面サイズにする方法をご紹介します。

VLC起動時の画面サイズを固定する

まず最初になんでもいいから動画ファイルをVLCメディアプレーヤーで再生します。ディスプレー上の好みの位置に置いて画角を指定します。

ウィンドウ上部[ツール]を開き[設定]をクリックします。

[インターフェース]をクリック、[外観と操作性]の[ビデオのサイズにインターフェースをリサイズ]のチェックボックスをオフにします。

これで完成。

注意点

設定の[ビデオ]にある[全画面表示]のチェックボックがオンのままだと、起動時に全画面で表示されるので注意しましょう。

VLCを連続再生する

連続再生したい動画を集めたフォルダを作ります。

ツールバーから「メディア」をクリックしてメニューを開き、「フォルダーを開く」をクリックします。

連続再生させたい動画が入っているフォルダを選択します。

動画の連続再生を行いたいときは、フォルダ内のファイルの頭に連番の数字を割り振っておきます。

以上です。

プレイリストを作成して連続再生したいときは、ツールバーの「表示」を開き、「プレイリスト」をクリックします。

プレイリストウィンドウが表示されるので、ファイルをドラッグ&ドロップで登録します。

以上です。

VLCでデスクトップの画面をキャプチャ

ウィンドウ上部「メディア」をクリックしてメニューを開き、「キャプチャーデバイスを開く」をクリック

キャプチャーデバイスタブの「キャプチャーモード」を「デスクトップ」に変更

設定項目のプロファイルを「Video – H.264 + MP3(MP4)」に指定し保存先フォルダを指定して保存します。「ビットレート」は「6000kb」が一般的な画質です。

設定が完了したら、「開始」ボタンをクリックすることで録画(レコーディング)が始まります。

まとめ

フリーのマルチメディアプレイヤー・VLCメディアプレイヤーは多機能な上手軽なので重宝します。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。