原因不明のレンダリングエラーの対処法Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

パソコンで作業をしているとたまに原因不明のトラブルに巻き込まれることがあります。

例えばPhotoshopでテキストのデザインをしていたら突然フリーズ。Fontファイルを全取り換えしてもダメ。使用していたAtokが原因ということがわかるまで数日かかりました。

Premiere Proでも以前、原因不明のレンダリングエラーが起きたことがあるのでその解決策をまとめました。

症状と解決策

編集がおわっていざ書き出し(レンダリング)をしようとした時、「ビデオプレビューのエラー/レンダリングエラー」画面が出てフリーズ。何度試してもうまくいきません。

結論から先に書くと、[プロジェクト設定][ビデオレンダリングおよび再生]の[レンダラー]の設定を[Mercury Playback Engine – ソフトウェア処理]に変更することでしのぎました。

Premiere ProではGPUやメモリがピークに達すると安全装置が作動し処理が停止するという話を思い出しました。

その後GPUを交換しトラブルは収まっています。

そのほかの対策

一足飛びに問題解決に至ったわけではなく、さまざまな方法を試してみました。

  • エラーが起きた特定のシーケンスだけ、再編集して素材を差し替える
  • メディアキャッシュを削除する
  • Premiere Proを旧バージョンに戻す
  • GPUのドライバーを更新する

そして至ったのが「GPUアクセラレーションからソフトウェア処理」に変更するでした。

試してはいませんが

  • ビデオプレビューの形式を「QuickTime」にする
  • レンダリングの最適化「パフォーマンス」を「メモリ」に変更する

という対策もあるようです。

「アスペクト比が異なる素材でレンダリングエラーが出た場合の対処法」も参考にしました。

【最終手段】Premiere proレンダリングエラー(-1609760768)の解決法 | アユミーノ@田舎暮らしフリーランス

まとめ

私の場合はGPUに問題があることが懸念されたので、その後グラフィックボードを買い替えることにしました。

編集には思わぬトラブルがつきものです。問題が発生したら、一番大切な素材を安全な場所に回避させ、原因を一つ一つ切り分けながら解決策を探っていくのが吉だと思います。

解決しなかった場合はAdobeのサポートに相談しましょう。

Adobeのサポート窓口はこちら。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。