透過 画像の入れ方 DaVinch Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。DaVinch Resolve17 画像の入れ方 を書きます。

DaVinci Resolve17に透過した静止画の画像を入れたい時があります。そんな時PNG形式の写真やロゴ、イラストであれば非常に簡単に取り込むことができます。

DaVinch Resolve17 画像の入れ方

DaVinci Resolve17は様々な映像(静止画・動画)を読み込むことができます。※読み込めないものもたまにあります。

画像を読み込むにはDavinci Resolveのメディアプールを開き、映像ファイルをドラッグ&ドロップするだけです。メディアプールで右クリックして[メディアの読み込み]で読み込みたいファイルを指定してもOKです。

DaVinci Resolve17 に静止画を取り込む手順 | ぶいろぐ

メディアプールに読み込まれた画像はサムネイルで表示されます。

画像ファイルをタイムライン上に配置する

[エディット]ページを開き、タイムラインに読み込んだ画像をドラッグ&ドロップします。

するとタイムラインに画像が表示されます。

タイムラインは何層かに分かれています。映像は[ビデオ1][ビデオ2]として、音声はその下に[音声1][音声2]として並んでいます。映像は上に乗せたものを優先して表示されます。音声は乗せたものすべてがミックスされて出力されます。

下の映像が透過して見える画像は形式が決まっています。画像ファイルのプロパティをひらいて[png]ファイルであれば余白の部分が透過して見えます。反対に[jpg]は白のままです。

人物などの余白を切り抜きたいのならば、有料のPhotoshopや無料のGimpなどの画像ソフトを使うことで透過画像が作れます。そんなのめんどくさいという人はremoveなどのウェブツールを使うと切り抜いてくれます。

ききりきりぬきりぬききりぬきまきりぬきまえ切り抜き前切り抜き前
画像の入れ方
切り抜き後

画像の背景を削除 – remove.bg

上の二枚の静止画は[remove]を使って余白を切り抜きました。

上が元のjpg画像、下が処理後のpng画像です。一部欠損しているところもありますが調整すればもっと上手に切り抜けます。

位置の調節

位置の調節はカーソルで素材を指定して画面右上にある[インスペクタ]をクリックします。

すると調整パネルが開くので位置などを調整します。

拡大縮小はズームを使います。

右側にあるダイヤのマークはキーフレームと言って時間と連動して素材の動作を決めたい時に利用すると便利です。

透過できないjpeg画像と透過できるpng画像を縮小してタイムラインにならべてみました。

まとめ

静止画の取り込み方についてまとめました。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。