動画クリエイターにおすすめ 最強小型LEDライト Aputure AL-MC

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

YouTubeの動画撮影に慣れてくると気になるのが照明です。

人物の肌の色や食べ物の質感など、照明の当て方次第で動画の印象はガラリと変わります。

照明機器は街の電気店では扱っていないので照明機材の選び方がわからない人も多いはず。

おすすめの照明機材をご紹介します。

書斎を照らす自撮りライト

自宅をスタジオがわりにして動画を撮影するYouTuberさんにおすすめなのがAputure AL-MCです。

カード型小型RGB フルカラーLEDライトで、取り扱いが簡単。

Aputure(アプチャー)は高性能LEDライティング機材メーカーです。

中国の撮影機材メーカーで、照明メーカーとしては比較的新しい会社です。

高輝度LEDライト「LS C120d II」「LS C300d II」などプロのスタジオなどで使われています。

主な機能

ホワイトバランスを調整して発光。名刺サイズなのに照度0.3m/1100 luxの光量です。

RGB別々の光源がを組み合わせて光るライトです。

  • 色相(Hue)・彩度(Saturation)・明度(Intensity)を細かく調整することが可能
  • 3200K〜6500Kの色温度に対応
  • スマホを使って遠隔操作することが可能なほか、設定値が一目で確認できる
  • USB Type-Cとワイヤレスで充電可能。
  • 最小光量で15時間、最大光量でも2時間連続点灯が可能。
  • 130g/個と軽量。複数を組み合わせて使える。
  • シリコン製のディフューザーが付属
  • 販売価格(税込) 15,180 円

プロのスタジオ照明などでも、キーライトを補完するフィルライトとして使える最強の脇役とも言えるライトです。

レビュー

​​

プロのスタジオで使う照明機材には及びませんが、自宅で撮るトーク動画には十分対応可能。

重量も130gという軽さなので気軽に持ち運びができます。裏側に磁石がついているので支持用の三脚がなくても運用できそうです。

また、複数のライトを仕込むことができるので夜景をバックにしたポートレイト撮影の光源などにもってこい。

複数のライトを使ってライティングに変化をつけることもできます。

短所はポケットサイズの大きさということもありパワフルな光量が欲しいときは対応しきれないこと。

色温度が調節可能な本格的なライトが欲しい場合は同社のAmaran 100xなどもおすすめです。

まとめ

いくらLEDといっても 明るいライトを使うと熱が馬鹿になりません。

料理や商品の撮影といった物撮りには放熱用の内蔵ファンがあれば問題ありませんが、ファンの音が大きいとインタビュー撮影の際は困ります。

ポケットに入るくらいのライトをいくつでも組み合わせて使えるライトは撮影の幅を広げてくれます。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ