iPhoneを 外部モニター で見る方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。外部モニター について書きます。

iPhone向けの動画編集アプリは豊富にあり、機能も充実しています。しかし、小さな画面での編集は意外と疲れるものです。そこで検討したいのが大画面で編集する方法です。外部モニターを使っての編集は画面が大きいので細かな部分への目配りも効きます。

iPhoneと外部モニターとの連携についてまとめました。

外部モニターで見る方法

iPhoneの画面をもう少し大きなサイズで見る一番簡単な方法はlitning/HDML変換コネクタ経由でモニターにHDMI接続する方法です。

iPhone動画編集を外部モニターで見る方法
  • iPhoneに変換アダプターを取り付ける。
  • HDMIケーブルで変換アダプターと外部モニターを繋ぐ。
  • テレビの電源を入れて、入力切替でHDMI入力に切り替える

これだけでiPhoneの画面がそのままテレビに表示されます。

HDMI出力中は、iPhoneの表示画面が映像だけモニターに映し出されます。

注意する点は、iPhoneの画面の動きがモニターに連動する点です。

例えばiPhoneを回転させるとモニターの画面もグルグル回ります。

必要な機材

iPhoneと外部モニターを接続する時必要なパーツは二つあります。一つは純正品「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」です。

続いて必要なのが「Lightning – HDMI変換アダプタ」です。

この二つを繋いで外部モニターに接続すればOKです。ケーブルにはVGAとか、USBとかあるので間違えないように。Apple純正品は高いという人はサードパーティ品が4割引きで見つかります。

モバイルディスプレイ

外部での利用が多い人は自分用の携帯モニターを用意する方法もあります。パソコンを一式持ち歩けばいいじゃないかという説もありますが、モニターは2万円程度であることからコスパ的に見ても高いものではありません。

モバイル編集を加速する!モバイルディスプレイ 4Kの威力 | ぶいろぐ

モバイルディスプレイはノートパソコンとも接続できるので、編集用のデュアルディスプレイの環境がほしい人にも使い道があります。モニターもモバイルにしたい人には今はやりのモバイルモニターを検討してみてはいかがでしょうか。

デュアルディスプレイは液晶パネルとパーツさえあれば組み立てが容易なこともあり、とびぬけて優秀な商品が出にくい分野といわれています。様々なメーカーから数多くの商品が発表されているので自分の好みで選んだものがベストバイです。

私の場合は軽さで選ぶことになると思うので、敷いてあげるならEVICIV 13.3インチ(600g)をおススメします。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

動画制作のスキルを手に入れたい人に

 




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。