【Pr】効率が二倍上がる ワークスペース 設定方法Premiere Pro

ワークスペース
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ワークスペース を書きます。

Premiere Proで動画編集を続けているうちによくあるお悩みが、ワークスペースの窮屈さです。

編集作業をして感じたのが、デフォルトのワークスペース(画面配置)が使いにくいということ。しかし、使い始めたばかりで、そもそもどう変えたら使いやすくなるのかがわかりませんでした。

邪魔な機能を整理したくても、どうやって片付けたらいいかわからない人いませんか。

お悩みを解決します。

効率が上がる ワークスペース の作り方

Premiere ProのワークスペースにはYouTube動画投稿しか行わない人にとっては邪魔な機能も置かれています。

使わない機能は一旦片付けると広々して使いやすくなります。

YouTube動画編集でよく使うのは次の3つのカテゴリーです。

  • タイムライン
  • プレビュー画面
  • ツール切り替えパネル(プロジェクト、エッセンシャルグラフィックス、エフェクトなど)

このカテゴリーを中心にレイアウトするだけで編集効率が上がります。

鉄板なのはプレビュー画面だけ。

どんな編集でも使うので削除できません。

画面右上に配置します。

画面下にはタイムラインを最大幅配置します。

左端にはツールパネル、右端にはオーディオメーターがあると便利です。

タイムラインを広く使う理由は長尺の編集がしやすくなること。

クリップの移動や入れ替えが楽になります。

効率アップの秘密は残った左上のコーナーです。

ここにはツール切り替えパネルのスペースを配置します。

ツール切り替えパネルにはプロジェクト、エッセンシャルグラフィックス、エフェクトなどが切り替えられるようにします。

YouTube投稿動画の編集でよく使うのはテロップのデザイン、トランジション、アニメーションです。

さらにプロジェクト、エッセンシャルグラフィックス、エフェクトを常設しておけば8割がた作業が完結します。

さらに効率的に使うため習熟したいのがショートカットキーです。

マウスでいちいち切り替えるのは時間がかかります。

左手だけで操作できるショートカットキーを使いこなすことで能率がアップします。

メニューバーの「編集」→「キーボードショートカット」を開き次のように設定しましょう。

・Ctrl+3:プロジェクト
・Ctrl+4:エッセンシャルグラフィックス
・Ctrl+5:エフェクト
・Ctrl+6:エフェクトコントロール
・Ctrl+7:Lumetriカラー

これで「エッセンシャルグラフィックス」と「プロジェクト」パネルの入れ替えが楽になります。

ワークスペースの保存法

自分が使いやすいようにレイアウトをデザインすることをカスタマイズするといいます。

今回カスタマイズしたレイアウトは保存しておきましょう。

「ウィンドウ→ワークスペース→新規ワークスペースとして保存」を選択することでワークスペースの配置を保存することができます。

再起動した時、必要に応じてワークスペースを読み込んで使うといいでしょう。

まとめ

機能がむき出しで表示されている編集ソフトは人によっては心理的圧迫感を感じさせます。

ふだん使わない機能を隠しておくだけでスッキリ作業がはかどります。

ワークスペースの使いにくさにお困りの方はぜひお試しください。